夏はやっぱりアイスを食べたい!太らない食べ方のコツは・・・ 夏はやっぱりアイスを食べたい!太らない食べ方のコツは・・・

やせたいけどアイスを食べたい!太らない食べ方のコツ3つ?

2017.08.13 痩身/食事・栄養学
今年も暑い日が続いていますね。「こんな日は冷たいアイスを楽しみたい!でも、ダイエットは成功させたい・・・」甘くて美味しい“太りやすい”と言われるアイスでも、工夫次第で太りにくくすることが可能です。ダイエットの成功と両立させる、アイスの食べ方のコツをご紹介します。

食べるアイスの選び方を工夫!

なるべく太りにくいアイスを選びたいという場合は、脂肪分やカロリーの表示をチェック。濃厚なアイスクリームやアイスミルク、ラクトアイスなどは糖質も脂質も豊富で、高カロリーです。

一方で、シャーベット系やかき氷、氷菓などの氷が主役のものは、それだけ糖質や脂質を抑えることができます。

アイスを選ぶ場合は、クリーミーなものよりも氷系のものを選びましょう。それだけでぐっと摂取カロリーを少なくすることができます。

アイスキャンディーのイメージ

食べるアイスの量を工夫!

太りたくはないけれど、クリーミーなアイスや濃厚なアイスを食べたい!そんな場合は、「量」を工夫しましょう。バラ売りのアイスよりも、6個入りなどの箱に入ったタイプの方が、1つひとつが小さく低カロリーに抑えることができます。

大きさが小さいぶん、ひと口を大切に食べるのがポイント。ゆっくりと食べることで満足感がアップします

コーン・モナカVSカップ?

アイスの形状にも注目。モナカやコーンは、それだけ糖質の摂取を増やしてしまいます。選ぶ場合は、モナカやコーンがあるものよりも、アイスだけのものを選ぶと良いでしょう。

ただし、コーンがあることでアイスの量が少なくなる場合など、バランスによってはコーンやモナカつきの方が良いケースも。モナカでない方を選んだが、かなりボリュームのあるアイスになってしまった!という本末転倒な事態にならないよう、全体の大きさやバランスを見て判断しましょう

コーンアイスのイメージ

アイスでも、食べ方次第で太りにくくすることが可能です。ぜひ、夏のアイスを楽しみながらスリムボディを実現しましょう。

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる