毎日やらなくていい!?筋トレダイエットで叶う3つのダイエット効果 毎日やらなくていい!?筋トレダイエットで叶う3つのダイエット効果
画像出典: fotolia

毎日やらなくていい!?筋トレで叶う3つのダイエット効果

2017年08月25日
ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」は、トレーニング貯蓄ができません。やめればそれだけ、体力が衰えてしまいます。一方で、筋トレなどの無酸素運動は、インターバルを挟むことによってその効果が引き出されるトレーニング。毎日やらなくても・・・いえ、毎日やらない方がずっとスリム美人に近づけるのです。

筋トレが叶える、3つのこと

●「やらない日」をつくることができる
筋肉は、トレーニングによって傷つき“回復する”ことによって発達します。効率よく回復させるためには「休養」が不可欠。筋トレは休む日を設け、回復に専念させることによってより効果が高まるのです。

また、オーバートレーニングは不調のもと。女性の場合、ストレスによる代謝の低下や月経不順を招きやすくなります。

休む女性
画像出典: fotolia

●基礎代謝がアップする
エネルギーを消費するのは「筋肉」のはたらきです。筋力がアップすれば、消費できるエネルギー量や代謝が高まって、よりやせやすく、太りにくい体質に。ダイエットを成功へと導きやすくなります。

●ボディラインが引き締まる
筋肉は自然のコルセット。身体の表面に近い筋肉を鍛えることは、ボディラインをキュッと引き締める効果が期待できます。

また、体幹の筋肉を鍛えることで、姿勢が良くなったり、代謝が高まったりと、やせ体質に導いてくれます。

スリムボディは「筋肉」がつくる

体脂肪の燃焼には有酸素運動が効果的ですが、それだけではうまくいきません。有酸素運動をしたときに、たくさんエネルギーを消費できるようにするためにも、可動域を広げしなやかに動くようにするためにも、筋肉の発達・維持が欠かせません。

筋トレ
画像出典: fotolia

体重の数値が低いことではなく、見た目のボディラインをスマートに引き締めたいのなら、筋肉を刺激する筋トレがおすすめ。そして、筋トレには「やらない日を設ける」ことが必要。

筋肉痛や倦怠感と相談しながら、週に2~3回をコンスタントに続けていくと良いでしょう。ぜひ、筋肉のはたらきを目覚めさせて理想のボディラインを実現してくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数