夏太りの予防のために最初に食べるべき野菜料理4つ 夏太りの予防のために最初に食べるべき野菜料理4つ

夏太りの予防のために、最初に食べるべき野菜料理4品

2016.08.08 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
夏は冷たい麺やビールなど糖質を取り過ぎてしまいます。野菜を最初に食べるのはわかっているけど、サラダばかりは食べられませんよね。でも、実はサラダ以外の野菜スープやお浸しなどの、野菜料理でもよいのです。そこで今日は、夏太りを予防する、食事の前に食べるべき野菜料理4品をご紹介したいと思います。

野菜スープ

夏なのに、野菜スープ?と思った方もいるのではないでしょうか。夏はクーラーで、女性の体は冷えています。足先や手の先が冷たくなった経験がある方が、多くいらっしゃると思います。そんな方にピッタリなのが野菜スープです。

野菜スープにするとたくさんの野菜を摂取することができます。その野菜が満腹感をもたらしてくれます。さらには、腸内で脂肪などを吸収して体の外に排出してくれるのです。温かいスープは体を温めるので、代謝をアップし、やせやすくなる効果が期待できます。

野菜スープのイメージ

温野菜サラダ

レタスなどの葉物は、食物繊維を摂取しようと思うと、思ったよりもたくさん食べなければなりません。ニンジン、ブロッコリー、インゲンなど色の濃い野菜は、ゆでることで、たくさんの野菜を食べることができます。

レタスやサラダ菜の上に茹でた野菜をトッピングした温野菜サラダにすることで、食物繊維もたっぷり食べることができます。これにより、ダイエットの大敵の便秘を予防。お腹も満足して、空腹予防になるでしょう。

お浸し

お浸しというと、ホウレン草が思いうかびますよね。ホウレン草だけでなく、小松菜や水菜、アスパラガス、春菊など、青い野菜をさっとゆでるだけで、できるシンプルなお料理です。

お浸しのイメージ

食事の前に食べることで、野菜に含まれるビタミンなどだけなく、豊富な食物繊維食により、食べ過ぎ予防になります。醤油を和風だしで薄めると、出汁の香もよく、塩分の取りすぎによる、ご飯の食べすぎも予防できます。冷凍の野菜も利用できますし、コンビニなどでも調理済みのものも売っていますので、ぜひ取り入れてください。

酢の物

酢の物はお酢に含まれる酢酸と有機酸を摂取することで、疲労回復効果を得ることができます。それだけなく、代謝を上げる作用もあるので、痩せやすくなる効果も期待できます。

酢の物には、わかめなどの海藻を使いますが、海藻はカロリーが低く、手軽に摂取できる食品です。酢の物用の酢を買っておけば、ワカメとキュウリだけでなく、セロリやカブなど好きな野菜で作ることができます。野菜を薄く切ることで、味の染み込みが早く、野菜をたっぷりと食べることができます。それにより満腹感につながります。

酢の物のイメージ

野菜を先に食べることで、食べ過ぎ予防になります。野菜の食物繊維は腸内で余分な脂肪を包み込んで、体の外に排出してくれます。これが、便秘予防になり、夏太りを予防することができるのです。ぜひ野菜で夏太りを予防して、夏のファッションを楽しんでください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに若い女性から経営者まで広く自己管理が…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる