朝食に食べると幸せ美人になれる食べ物とは?! 朝食に食べると幸せ美人になれる食べ物とは?!

食べることでダイエット!幸せ美人になれる朝食とは?

2016.07.12 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
「朝は1分でも多く寝ていたい!」「朝は眠くて朝食を食べる気になれない!」など、様々な理由から朝食を欠食している人が多いですね。しかし、朝食には美容や快眠をサポートするとても重要な役割があるのです。

朝食を食べることはダイエットにつながる

睡眠時間は一切食べ物や飲み物を口に含まない絶食時間。就寝中はダメージを受けた細胞などをメンテナンスするために体はしっかりと働き続けており、エネルギーを使っている状態なので、起床後は体が食べ物や水分を強く欲しているのです。

しかし、朝食を抜いてしまうと体の中では「飢餓の危険信号」が出されてしまい、本来、日中に「消費モード」になるはずの体が、「溜め込みモード」のままになってしまいます。つまり、1日中体がエネルギーを消費しにくい状態になるのでダイエットの妨げになってしまうのです。

少しでも食べる量を減らしたほうが痩せるかとおもいきや、体のめぐりが悪くなったり、代謝力が低下してしまったりしては、かえってダイエットの足かせに。起床後1時間以内に朝食を食べることで、体のリズムが整い、健康と綺麗を引き寄せることができます。

朝の体のリズムが整うイメージ

朝食で食べると夜の快眠につながる魔法の食材

とはいえ、食べれば何でもいいというわけではありません。特に女性が好きな菓子パンはNG食材の代表といえます。朝食の内容でぜひとっていただきたいのが「タンパク質」です。

タンパク質に含まれる必須アミノ酸の「トリプトファン」は、日中の元気を後押しするセロトニンの原料となり、夜になると、セロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンに脳の中で変換されて、快眠を促進します。つまり、朝食にトリプトファンを身体に補給することで「昼間の元気」と「夜の快眠」の両方を叶えてくれるというわけ。

バナナヨーグルトのイメージ

トリプトファンは乳製品、卵、大豆製品、魚類(特に赤身魚)、肉類、アボカド、バナナ、ナッツ類などに含まれています。時間がない方はバナナヨーグルトやゆで卵だけでも良いので、食べるように心がけてください。1日のスタートを元気に始めるためにも、明日から朝食を食べましょう!

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

株式会社SEA Trinity代表取締役、睡眠コンサルタント、「科学でわかる ねむりの環境・空間ラボ」主宰。順天堂大学 …

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる