ダイエットを頑張っても痩せない原因は自律神経の乱れにあるかも!?朝食を食べて痩せスイッチをON! ダイエットを頑張っても痩せない原因は自律神経の乱れにあるかも!?朝食を食べて痩せスイッチをON!
画像出典: fotolia

朝食を食べて「痩せスイッチ」をON!

2016年12月24日
みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。ダイエットを頑張ってるのになかなか痩せない・・・それどころか太っているかも?もしかしたら、自律神経の乱れが原因になっているかもしれません。自律神経の乱れを整えて痩せスイッチをONにしましょう!

自律神経とは

自律神経には『交感神経』と『副交感神経』という2つの神経があります。交感神経はカラダを活発にする神経。主に昼間に活発に働きます。副交感神経はリラックス状態にしてくれる神経。主に夜働きます。

2つの神経が交互にバランスよく働くことで、健康的な生活を送ることができることにつながるとされています。しかし、ストレスや生活習慣の乱れから、交感神経が優位な状態が増えてしまい、代謝や血流が悪くなると、太りやすくなってしまうなどの原因になってしまうのです。

また、心のバランスも崩れてしまうので、ストレス食いに繋がりやすくなります。

太るイメージ
画像出典: fotolia

痩せスイッチは朝食にあります

慌ただしい朝は朝食を抜くことが多いですが、この朝食が痩せスイッチになるといわれています。朝食を食べると胃や腸が動き出し体内時計がリセットされ、交感神経が優位になる効果が期待できます。

朝食を抜くとスイッチが入らず、自律神経の乱れを招き太りやすい体質になるなどの原因になってしまいます。お味噌汁一杯でもいいのでお腹に入れて、胃や腸を動かしましょう。便秘予防にもなりますよ。

朝食のイメージ
画像出典: fotolia

痩せるためにはまず先に自律神経を整えましょう

痩せるためにいろんなダイエット法がありますが、まずは自律神経を整える事から始めてみると、痩せやすいカラダになっていくかもしれませんよ。痩せスイッチをONにしてからお気に入りのダイエット法を試す事で、脂肪がつきにくいカラダに変身できちゃうかも!

朝食で痩せスイッチをONにして、痩せ体質を目指してくださいね。

執筆者:
KAORI

LINE@で美LAB.を

友だち追加数