年齢とともに緩みがちなボディに喝を入れ、体型をキープする方法 年齢とともに緩みがちなボディに喝を入れ、体型をキープする方法

年齢とともに緩みがちなボディに喝を入れ、体型をキープする方法

2016.04.14 エイジングケア/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
年齢とともに緩むのは肌だけではありません。ボディもまた同じ。裸になり全身を鏡でチェックしてみると、お腹もヒップも、そして、二の腕も緩んでいる、なんてことがありませんか?そんなボディの緩みは、雪崩のように進行させてしまう前に、喝を入れる必要があります。そこで、今回は年齢とともに緩みがちなボディに喝を入れ、体型をキープする方法についてご紹介したいと思います。

【体型をキープする方法No.1】下半身にフィットするスキニージーンズを週に3回履く

自宅でゆるっと過ごす日、あなたはどんなファッションでいますか?楽チンだからと、いつもスウェットなどゆるっとしたファッションで過ごしているというあなたは要注意!体型雪崩注意報が出ていますよ!

緩みのあるファッションをしていると気を抜いてしまい、食べ過ぎてしまったり、ボディのちょっとした変化を見過ごしてしまいがち。週に3回程度は、スキニージーンズなどの体にぴったりとフィットするものを履いて気を引き締めつつ、緩みの出ている部分はないかチェックしましょう。

下半身にフィットするスキニージーンズのイメージ

【体型をキープする方法No.2】足や腕は思い切って積極的に出す

肉付きがよくなると、できるだけそれを隠そうとしますよね。しかし、これは体型をキープする上でのNG行為!逆に露出することで、人目を気にしてダイエットやエクササイズに取り組む気持ちが湧いてきます。

もし、鏡に映った自分の足や腕に幻滅しても目をそらさないで!あなたの足が綺麗に見える丈のスカートを履きつつ、ウォーキングなどの下半身の引き締めに効果のあるエクササイズに取り組むなど、アグレッシブに行動しましょう。

ウォーキングなどの下半身引き締めのイメージ

【体型をキープする方法No.3】小まめに体を動かし、家事は一気に済ませる

大変なことや辛いことは長く続けることができませんよね。毎日続けることができそうなことを見つけて習慣にすることが体型をキープするカギを握ります。

そこで、日頃から心がけたいのは小まめに体を動かすということ。イスに座る時には背もたれに寄りかからず腹筋やふくらはぎの筋肉を鍛えるよう心がけるのもおすすめ。運動が嫌いという人は家事を一気に済ませることで、ジムに行かなくてもそれなりの運動量をこなすことができますよ。

家事をするイメージ

すべてはあなたの心がけ次第。自宅で過ごす時も、休息する時間とアクティブに過ごす時間のメリハリをつけて!

【体型をキープする方法No.4】腹八分目を常に心がける

体型をキープするには食べ過ぎは厳禁!常にもう少し食べたいと思える程度、腹八分目を心がけましょう。このほか、カロリーの高い食品や糖質の多い食品を口にする際は、量や機会を少なめにするといったことも大切です。

美しいボディをできるだけ長くキープするために、今日から早速ご紹介した方法に取り組まれてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる