ヒールで太脚?履きっぱなしが太い脚を作る ヒールで太脚?履きっぱなしが太い脚を作る

ヒールで太脚?ポッコリ「ししゃも脚」にならないためのケア3つ

2016.03.14 痩身/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒールを履くと細くてしなやかな脚になると思っている方がいますが、それは間違い!ヒールを履いていても、そのあとのケアを行わないと筋肉質で太い脚になります。同様、スポーツジムでのトレーニングやランニングも、そのままにしておくと、しなやかな脚から遠ざかっていきます。では、どうしたらよいのでしょうか?

つけるだけつけた筋肉で太くなる

ヒールを履くとつま先だけで全身を支える二点歩行になり、特にふくらはぎの筋肉を使います。そのため、ふくらはぎの筋肉がポッコリとなり「ししゃも脚」に・・・そのままにしておくと、どんどんふくらはぎの筋肉も大きくなり、同時に血流も悪くなりセルライトになりやすくなるなど、悪循環を招きます。

ヒールを履くイメージ

また、同様に、しなやかな筋肉をつけたいと思いトレーニングや運動を行っても、結果、太くなり諦めるケースがよくあります。

これらの筋肉は、硬い状態になっています。本来筋肉は収縮を行うのですが、硬い筋肉は収縮が行いにくくなっています。血流が悪くなる原因にもなりますので、収縮の行いやすい柔らかい筋肉にしておく必要があります。

筋肉を使ったら念入りなケアを!

筋肉を使ったら、マッサージやストレッチでケアを行います。使った筋肉をほぐすことで、柔らかい筋肉になり、血流もよい状態になるので太い脚を防げます。

ぺたんこの靴を履くイメージ

ストレッチ・・・硬くなっている筋肉に柔軟性を持たせます。筋肉痛の予防にもなります。アキレス腱を伸ばすようなストレッチや前屈を片足ずつ行う方法があります。ふくらはぎだけでなく、太ももやお尻の筋肉にも効果を感じられるようにストレッチするとよいです。

マッサージ・・・ふくらはぎの筋肉を中心に、疲れている部分を筋肉を掴んで揉むようにほぐしていきます。特に、お風呂に浸かりながらほぐすと効果がアップします。湯船に浸かることで、水圧の圧力で血流促進をサポートしてくれます。

ぺたんこの靴を履く日を作る・・・毎日ヒールを履いていると、ほぐしてもほぐしても追いつかなくなります。通勤はシューズを変えたり、休日など週に一度はぺたんこの靴で過ごすなど、工夫をされるとよいでしょう。

まとめ

ヒールを履くとふくらはぎだけでなく、たくさんの筋肉を使います。そのため、自分の筋肉量に合わない高さのヒールを履くことで、自分自身を支えきれず、姿勢が悪くなり、かっこいい・可愛いヒール姿が台無しなんてこともあります。

お腹やお尻の筋肉を意識し姿勢よくヒールを履き、自宅ではしっかりとケアを行う。これで、しなやかな脚を手に入れることができます。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。美容学校を卒業後、エステティック及びヘアメイク・着付けを中心に教育と現場の仕…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる