疲れた日や一日中座りっぱなしの日に。気持ち良くて病みつきになるリラクゼーションストレッチ 疲れた日や一日中座りっぱなしの日に。気持ち良くて病みつきになるリラクゼーションストレッチ
画像出典: 美LAB.

気持ち良くて病みつきになる『リラクゼーションストレッチ』

2018年09月18日
みなさまこんにちは!ヨガインストラクターのyuukaです。「あー疲れた!」一日中同じ姿勢でいた日や、動き回ることが多かった日の体はヘトヘト。そんな一日の終わりには、とっておきのストレッチで体をリセットしておきましょう。心も体も緩み、とっても気持ちが良い、オススメのリラクゼーションストレッチです。

同じ姿勢を続けると疲れがたまる

同じ姿勢ばかりしていると、体が固まってしまい動くときに肩や腰が痛くなる時がありますよね。

座りっぱなしも同じです。座っているだけなのに、なんで体が痛いんだろう?疲れているんだろう?という話を生徒さんから聞くことが多いのですが、それは座りっぱなしで体を動かしてないから。

仕事
画像出典: fotolia

座りっぱなしは血流が悪くなる

脚の付け根を長時間折り曲げて座っている姿勢は、下半身への血流を悪くさせます。すると全身の血流にも影響するので、冷えやむくみだけではなく、大きく体に負担をかけていることになります。

最近ではオフィスにも、スタンディングデスクを採用しているところが増え、座りっぱなしの姿勢の危険を避け、リスクを軽減しています。同じ姿勢を続けることが多い仕事や家事の合間にも、数時間おきに立ち上がったり、少し体を捻ったりする動きをするのはとても大切。

気持ち良くて寝てしまいそうになるストレッチ

疲れがたまって、体が硬くなっているそんな一日の終わりには心も体もホッとする、ストレッチを取り入れてみましょう。体の疲れは心もホッとできず、心身ともに緊張が残ってしまいます。体をホッとさせることにより気持ちも緩むと、眠りが深くなり疲れが残りにくくなります。

私がお勧めするのは、腰回りから気持ち良く背骨を捻って、凝り固まった体をリセットするストレッチ。全身の力を抜いて、ホッとするだけ。

病みつきになるリラクゼーションストレッチ

それでは、気持ちが良いリラクゼーションストレッチのやり方をご紹介しましょう。

リラクゼーションストレッチのやり方
(1)座った姿勢で両手をお尻の後ろ側へつきます。
(2)両ひざを曲げ、両脚を肩幅より少し広めに広げましょう。

リラクゼーションストレッチ
画像出典: 美LAB.

リラクゼーションストレッチ
画像出典: 美LAB. 

(3)両脚を左方向へ倒し、右腕を頭上に上げていきます。

リラクゼーションストレッチ
画像出典: 美LAB. 

リラクゼーションストレッチ
画像出典: 美LAB. 

(4)上半身を後ろへ向け、右腕を後方床へ下ろします。
(5)両腕は肩幅程度に開いておきましょう。
(6)息を吐きながら左方向へ捻っていきます。
(7)気持ちの良い刺激を感じる位置で30秒程度ポーズを保ちましょう。
(8)終えたら楽な姿勢で休み、反対側も同様に行ってください。

リラクゼーションストレッチ
画像出典: 美LAB. 

リラクゼーションストレッチ
画像出典: 美LAB.

枕を使ったりアレンジ可能

より心地よくリラックスしたい時は、体を後ろ向きに捻った後、枕を抱いて上半身だけうつ伏せの姿勢をとると良いでしょう。その時は、膝の曲げる角度も緩めにして、ホッとできる姿勢を探してください。きつく捻る体制ではなければ、1分程度キープしても0Kです。

心身ともに、とても気持ちが良いストレッチ。心身を緩めるリストラティブヨガでも取り入れているポーズです。疲れた一日のご褒美として、心身をリセットしてあげましょう。

執筆者:
yuuka

LINE@で美LAB.を

友だち追加数