夏の疲れをスッキリ!寝る前に出来る3つの簡単ポーズ 夏の疲れをスッキリ!寝る前に出来る3つの簡単ポーズ
画像出典: fotolia

夏の疲れをスッキリ解消!寝る前5分の簡単ポーズ3つ

2018年09月26日
ヨガインストラクター兼 睡眠のプロの内藤 絢です。日没も早くなり朝夕が過ごしやすくなったこの時期、ふとした所で疲れやダルさを感じませんか?酷暑中の冷房・冷たい食べ物や飲み物で積もった体内の冷え、外気と室内の温度差による自律神経の乱れなど、夏は想像以上に身体がダメージを受けています。そのケア、寝る前に布団の上で毎晩5分!簡単3ポーズで少しずつ疲れを取り除きましょう。 3ポーズを続けて行うと効果的です。

うつ伏せ・鼠蹊部マッサージ

うつ伏せになり、柔らかな握り拳を作って鼠蹊部の下に入れます。つま先を立て、鼠蹊部を握り拳の上で縦にスリスリ動かす↔︎お尻を振りながら横にも揺らすを何度か繰り返す。

下半身の浮腫み・デトックス全般・腰のダルさ解消に良いと言われます。

鼠蹊部マッサージ
画像出典: 美LAB.

格好鳥のポーズ

うつ伏せで脚幅は骨盤の幅。足の甲は寝かせ、踵を天井に向けて肘を肩の下に置く。(脇を締めると首を長く保ちやすくなり、ポーズが取りやすくなります)

・身体を横に揺らして左右の腿の前が均等に付いているか確かめる→一度顎を引いて息を吐く→吸う息で掌・肘・腿の前で床を押し、鳩尾から上体を起こす→更に反る時は掌・腿の前で床を押し、鼠蹊部から上体を起こす。(首・腰へ負担がない様、顎の上げ過ぎに注意しましょう)

猫背解消・首と肩こり・安眠効果に良いと言われます。
☆食後・風呂上がりは避けて行いましょう。

格好鳥のポーズ
画像出典: 美LAB.

お祈りのポーズ

格好鳥のポーズから肘を床に付き、身体を後ろへ引いて踵にお尻を乗せておでこ・掌を楽な所へ置いて吐く息で背中〜腰を伸ばす。

消化機能アップ・偏頭痛・慢性疲労に良いと言われます。

お祈りのポーズ
画像出典: 美LAB.

身体の表・裏の強張りを取ると綺麗な姿勢で呼吸が深まり、疲労回復力を高めたり内臓の冷え取りにも良く、深く眠れる事で翌朝から元気に過ごせます!

是非、疲労回復にお試し下さい。

執筆者:
内藤 絢

LINE@で美LAB.を

友だち追加数