頭皮のフケやかゆみを抑えてしっとり美髪になる1分ツボ・マッサージ。 頭皮のフケやかゆみを抑えてしっとり美髪になる1分ツボ・マッサージ。
画像出典: fotolia

頭皮のフケやかゆみを抑えてしっとり美髪に♡1分間ツボ・マッサージ

2018年08月20日
日差しの強い日中の外出では、帽子で頭皮を保護したいですよね!しかしながら、照りつける太陽の下を通勤で歩いたり、冷房で乾燥したオフィスで長時間いたりすると、頭皮がかゆくなったりフケが出てきたりと悩むことはありませんか?今回は、頭皮のフケやかゆみを抑えてしっとり美髪になる方法をご紹介します。

◆35歳から頭皮が乾燥して急激にフケが増える理由とは?

まず、理想の頭皮は、透明感のある青白い色で適度な柔らかさがある状態です。また、体内にはコラーゲンやセラミドなどのお肌の保湿成分があります。

ところが、30代後半頃からお肌のうるおい成分がどんどん減、頭皮に炎症が起きやすく、乾燥による赤みが増し、ストレスがたまっていると硬くなる傾向があります。

乾燥が悪化することで、頭皮の表面のバリア機能がある角質層がはがれ落ち、
フケの原因になる傾向があるのです。フケが出ることにより、頭皮にある大後頭神経などが過敏になり、かゆみを引き起こしやすくなります。

頭皮
画像出典: fotolia

◆頭皮のフケやかゆみを抑える美髪習慣

夜のバスタイムに美髪になりましょうね♪
1.髪を洗う前に、ブラッシングしましょう。
毛先からブラシを入れて、髪のもつれをといてから、髪の根元をブラッシングしてくださいね。頭皮のほこりや皮脂が浮き上がり、赤みや炎症を予防しやすくなりますよ。

2.髪全体に38度のぬるま湯のシャワーですすぎましょう。
シャワーを浴びているいるときに、指の腹で軽く頭皮全体をもみほぐしてくださいね。頭皮の血流を促進へと導き、頭皮の乾燥を防ぐ効果が期待できますよ。

ネイルなどで爪を伸ばしている方は、頭皮を傷つけないように気をつけましょうね!また、お湯の温度が40度以上とやや熱くなると、皮脂が奪われて、フケやかゆみの原因になってしまうので、注意が必要ですよ。

3.寝る前に首の後ろの付け根を、こぶしでもみほぐしましょう。

首の後ろの付け根をこぶしで軽くマッサージしてくださいね。自律神経が整いやすく、熟睡へと導けますよ。そのことで、眠っている間に成長ホルモンが分泌されやすくなり、頭皮や髪の毛に栄養分が行き届きやすくなり、潤いを与える効果が期待できます。

髪の毛
画像出典: fotolia

◆1分ツボ・マッサージ

休日の朝などリラックスできる時間に行うのがオススメですよ♪
1.角孫(かくそん)
耳の上に位置し、口を開閉した時にできるくぼみにあるツボです。親指の腹で角孫のツボを5秒間押したり、離したりを繰り返してくださいね。首筋から頭部にかけての筋肉の緊張を緩和しやすく、頭皮の血流を促進へと導けますよ。

2.翳風(えいふう)
耳たぶのすぐ後ろにある骨の出っぱりの小さなくぼみの中にあるツボです。翳風のツボを親指の腹で、後頭部を持ち上げるように押してくださいね。首こりや肩こりを解消する効果も期待できることで、自律神経が整いやすくなり、
頭皮環境が改善しやすくなります。

3.後頂(ごちょう)
頭のてっぺん前後、左右交わるところから親指一本分後ろにあるツボです。親指以外の4指をそろえて後頂のツボを左右に揺らしながら押してくださいね。頭皮の凝りを改善に導き、抜け毛予防にも期待できますよ。

真夏にしっとり美髪を手に入れましょうね!

執筆者:
横内 稚乃

LINE@で美LAB.を

友だち追加数