ヨガ ヨガ
画像出典: 美LAB.

夏バテ防止!体を丁寧に扱う瞑想ヨガ

2018年07月18日
美宅玲子です。暑い日が続き、夏バテになっていませんか?体がバテてくると、心もバテているものです。身体のケアが適当になり、雑な食生活や薄着で冷たいものをたくさん摂って身体を冷やし過ぎるなど、無防備になりがちです。今回は、丁寧に身体を意識するヨガをご紹介して、夏バテ心身をケアしていきましょう。

適当な生活になっていませんか?

夏は暑いので、寝苦しくて睡眠が浅くなり、寝不足になりがちです。寝不足だと日中眠くなって意識が雑になります。食生活ものど越しのいいものに偏って適当になりがちで、忙しいと特に自分の身体のことを後回しにして、とりあえず何か食べられればいいや、くらいの食事になるのではないでしょうか。

暑さと忙しさで呼吸が浅くなると、イライラしやすく、自律神経のリズムが狂って、食べなくても済むはずのものを食べ過ぎたりすることもあるでしょう。

ヨガで体を敬いリズムを取り戻す

ヨガは、常にゆっくりと呼吸を意識し、体の動きを丁寧に意識しながら行っています

すると、イライラしたり浅かった呼吸が深くなり、心と体のリズムがかみあって、落ち着いて自律神経の健康的なバランスを取り戻します。私達は正常なら、身体が自ら健康で快適になるようにできています。その体のサインを見逃さないようにするヒントが、ヨガには詰まっています。

自ら健康になろうとする力が備わっている身体を敬い、今していること・動きを丁寧に感じ取る、瞑想法です。

瞑想
画像出典: 美LAB. 

夏バテ防止!瞑想ヨガを行ってみよう

まず、今している自分の呼吸に意識を向けてみましょう。普段は無意識で行っている呼吸の速さ・深さはどうなっているでしょうか。その呼吸を細く長く、最後まで息を吐き切り、吐き切った時にお腹が平らになるお腹の力を抜くことで、自然と息が入ってくるのを感じましょう。普段吸っているよりもさらにたくさん息を吸い切り、もう吸えなくなるまで吸ったら、自然と力を抜いて吐いていきましょう。

息を吐き出す時は、体の中の疲れや老廃物が抜け出ていくイメージを持ち、吸う時はエネルギーや栄養が体に行きわたるイメージを持ちます。次に、胸の前で合掌してみましょう。

合掌は、自然と体の中心線上に手のひらが来ますね。身体の中を通る中心線を意識することができます。合掌は、心身を敬い、落ち着かせてくれる効果があります。今までぞんざいに扱っていた自分の身体に意識を向け、身体を丁寧に扱いますという意志表示のようです。

そうして、落ち着いた体本来のリズムを取り戻すことによって、忙しくて空回りしていた心と疲れた体が少しずつ満たされていきます。
自然治癒力を上げ、健康になるものが食べたくなります。

ヨガ
画像出典: fotolia

おわりに

いかがでしたか?体は動いて当たり前、呼吸など無意識で当たり前と思いがちですが、その当たり前のことを意識してゆっくり行うことで、生活のひとつひとつが自分の心身の健康を作っていることに気づかされます。

暑さに負けて色々なことが雑になりがちだなと思った時は、一度自分の身体への意識に立ち返ってみてくださいね。

執筆者:
美宅 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数