張り出した太ももがほっそり!筋肉質でも女性らしい華奢ボディになれる●●●●ダイエット 張り出した太ももがほっそり!筋肉質でも女性らしい華奢ボディになれる●●●●ダイエット
画像出典: fotolia

張り出した太ももがほっそり!筋肉質でも女性らしい華奢ボディになれる●●●●ダイエット

2018年07月02日
みなさま、こんにちは!ダイエットトレーナーの小山圭介です。今回の「ダイエット王子の愛のダイエットサポート奮闘記」は、せっかちさん向けの面白いダイエット法です。日々お忙しい方や効率的なことがお好きな方、ご一読くださいませ!

画像出典: fotolia

「ダイエット王子」の愛のダイエットサポート奮闘記♡Vol.9

今回のお客様は、エネルギッシュで運動大好きレディーのSさん (38歳/163㎝/59㎏)
-----------------------------------
■先生、やせたいんですが、同時にこのたくましい体をなんとかしたくて・・・。立派な感じの腕や太ももなど、細くなりますか!?
-----------------------------------
Sさん (38歳) 、163㎝、59㎏。介護のお仕事をされている、ちゃきちゃきっとした性格でエネルギッシュなSさん!高校までソフトボール部に所属し、今も週に2回のジム通いをしている運動大好きレディーです。

トレーニングをしている女性のイメージ
画像出典: fotolia

Sさん (38歳/163㎝/59㎏)、運動大好きレディーの場合

今回は、運動大好きで快活なイメージのSさんです。介護のお仕事をされていて、お体に負担がかかる業務内容とのこと。

いろいろなところに神経も張り巡らせて日中を過ごしているので、ストレス発散の効果も期待して夜や休日にジムに通っているそうです!

ジムに通っている女性のイメージ
画像出典: fotolia

たわいもないような会話の中にダイエットのヒントが!

小山「Sさん、運動はお好きみたいですね。高校までもソフトボール部ですし!ソフトボールは結構しっかりやっていたんですか?」

Sさん「はい、運動は好きですねー!ソフトはそこそこの強豪校だったので、真剣にやっていました!」

小山「どちらを守っていたんですか?」

Sさん「キャッチャーでした!」

ソフトボールでキャッチャーをしている女性のイメージ
画像出典: fotolia

小山「そうでしたかー。実はボクもずっと野球をやっていました。今も草野球を毎週やっていまして、肩を痛めた30歳過ぎまではキャッチャーでした!」

Sさん「そうなんですね!なんかうれしいです☆」

ということで、キャッチャーという共通項があったボクとSさん!実は、こんなたわいもないような会話からも、ダイエットのヒントをどんどん集めていたりします。

キャッチャーというポジションは、ひとりだけ他の選手と反対の向きで守っていて、グラウンド全体を見渡して、チームのために献身していく役割です。いわば、縁の下の支え役!そして、Sさんのお仕事は介護士。尽くすお仕事です。

介護士の女性のイメージ
画像出典: fotolia

おそらく、クライアントさん、さらにはチームメンバーなどにも献身的に立ち回っていて、肉体、神経共に普通の方よりはたくさん使っているだろうなー、みたいな情報をキャッチしています。

華奢になりたい!腕や肩や太ももが張り出しているのが、ずっとコンプレックスなんです

小山「Sさん、ズバリ、どんなお体、体重になりたいんですか?」

Sさん「体重で言いますと、本当は4㎏ぐらい落として、まずは55㎏になりたいです。ただ、実は体重よりも、この立派な腕や肩回り、そして脚を細くしたいんです・・・。昔から、なんかたくましいんです、私」

たくましい肉体の女性のイメージ
画像出典: fotolia

小山「やっぱり!腕や脚、細くしたいですね。ボクも、かなーって思っていました。簡単に言いますと、華奢になりたいですよね(笑)!?」

Sさん「そうです、そうです。私、華奢になりたい!腕や肩や太ももが張り出しているのが、ずっとコンプレックスなんです」

華奢なスタイルの女性のイメージ
画像出典: fotolia

小山「Sさん、任せて下さい!ボク、何それ!?っていう秘策、持っていますから(*^^*)」

たくまし太り(汗)をしてしまっているSさん。その原因について、ボクの見立ては、
【1】高校までのソフトボールで鍛えてた影響
【2】今もジムでトレーニングしていること
【3】お仕事で体を使ってること
【4】性格

この4つでした!

【1】~【3】は分かりやすいですね!まさに、たくましくなりやすそうな環境です。

“がさつなところ”が最大のダイエットチャンス!舞妓さんダイエットしませんか!?

小山「Sさん!単刀直入にお聞きしますが、ご自覚している性格、ちょっとがさつっぽいですか?それとも、なよっとしていてオンナノコらしい感じですか?」

Sさん「がさつです(笑)」

小山「それそれそれー!Sさんの最大のダイエットチャンスは、この“がさつなところ”です!!」

小山圭介さん
画像出典: 美LAB.

Sさん「えーっ?がさつなところが、私の体やダイエットと何の関係があるんですか?」

小山「あるもあるも、大アリなんです!」

正直に言いますと、出会って10秒でボクは分かっていたのですが(笑)、Sさんのダイエットの鍵は、がさつな部分でした!

小山「Sさん、今日から舞妓さんダイエットしませんか!?」

舞妓さんのイメージ
画像出典: fotolia

Sさん「えーっ?なにそれ(笑)!?」

小山「がさつな方って、簡単に言うと、筋肉に頼って生活していることが多いんです!朝起きたらカーテンをしゃーって開けたり、あと、何かものを運ぼうとするときも、力任せにひょいっと持ち上げて、どかどかどかって運んでどんと置く、みたいな(笑)。つまり、はんなりした所作の舞妓さんや芸妓さんと真逆!」

Sさん
「た、たしかに・・・。どかどかがつがつしていて、はんなりの真逆かも(汗)」

小山「そのがさつな体の使い方での一挙手一投足が、簡単に言うと筋トレのように体を発達させたり筋肉を張らせて、たくましくなっていっちゃうんです(^_^;)」

がさつに家事をしている女性のイメージ
画像出典: fotolia

Sさん「そんなことでですか?」

小山
「そんなことでなんです。だって、その調子で24時間365日生活しているわけですから!しかも、Sさんはキャッチャー気質だから、きっとあれこれみんなのお手伝いもしちゃって、どんどん筋肉が使われていっちゃってるはず(汗)」

ただでさえ、学生時代のトレーニングの土台ができていて、かつ、今もジムに行き、さらに介護のお仕事で体を使っているSさん。そこに、日常の立ち居振舞いでも筋肉をどんどん使ってしまっていたら、たくまし路線まっしぐらなんです。

しかも、がさつな立ち居振舞いは、神経バランスにも関係して、交感神経というアクティブで心身を固めやすいモードに・・・。

はんなり過ごすことで、女性らしいやわらかい感じの華奢ボディーに近づけるんです!

ということで、Sさんの舞妓さんダイエットが始まりました。とにかく、はんなり生きる!所作行動もはんなり、そして言葉遣いもはんなり、表情もできるだけはんなりと(笑)。

舞妓さんのイメージ
画像出典: fotolia

はんなり過ごすことで、筋肉の使われ過ぎを防いで張り出しを取ることができ、さらにおやさしい言動を続けることで女性ホルモンの分泌が促進され、女性らしいやわらかい感じの華奢ボディーに近づけるんです!

がつがつ生活していたら、男性化していっちゃいます。ちょっと話が横にそれますが、企業戦士としてバリバリ働きすぎても、男性化していって、髭とかが生えてきちゃうことも・・・。細かい事はまたいつかご紹介しますね。

小山「Sさん、今日からSさんは舞妓さんです!合言葉は、はんなり!はんなり過ごしてみて下さい」

小山圭介さん
画像出典: 美LAB.

Sさん「わ、わ、わかりました(笑)」

小山
「あとは、これまでの生活でたくましくなったところ、腕や太ももなどを徹底的にもみほぐしましょう!」

【動画】たくましい腕や太ももの効果的なもみほぐし方

小山「そして、ジムでの運動も、筋トレやエアロビクスなどより、ストレッチやヨガみたいなプログラムをチョイスしていただけますか?」

Sさん
「ヨガのクラスもあります。うん、そうしてみます!」

はんなり生活3ヶ月で体重2㎏減!美に目覚めて、好きな人も♡

Sさんからは、毎日の朝の体重と、前日、どのぐらいはんなり生活できたかという、舞妓さんダイエットの自己採点をLINEで送ってもらいました。

小山圭介さん
画像出典: 美LAB.

結果は・・・。はんなり生活3ヶ月で、体重こそ2㎏減でしたが、立派だった腕や太ももがほんのり細くなり、少し、華奢感が出てきました

さらに、期待していた副次的なギフトが!舞妓さんのようにおやさしく生活すること、女性らしい立ち居振舞いが増えることで、Sさん、美にもどんどん目覚め、メイクを工夫するようになったり、マツエクしたりネイルをしたり、「オンナノコ」を楽しむ毎日になっていったそう!

美にどんどん目覚めていく女性のイメージ
画像出典: fotolia

そして!4年ぶりに、Sさん、をしています。好きな人に出会っちゃいました!!今、実はその男性のハートを射止めるためのメンタルセッションを一緒にしています(笑)。もう少しでうまくいきそうなので、改めてご報告しますね!

所作が変わり、言葉遣いが変わり、表情が変われば、当然考え方も変わり、考え方が変われば習慣が変わり、習慣が変われば体も変わるし何より人生が変わる!

女性らしい心身を手に入れたいみなさま、舞妓さんダイエット、レッツチャレンジ☆

小山圭介さん
画像出典: 美LAB.

※本記事は、ダイエットトレーナー&メンタルコーチの小山圭介氏に、実際にお客様にダイエットサポートを行った際のエピソードをもとにご執筆いただいております。※効果には個人差があり、すべての方に同等の効果を保証するものではありません。

執筆者:
小山 圭介

LINE@で美LAB.を

友だち追加数