お腹・お尻・太ももを引き締める、壁を使った椅子のポーズ お腹・お尻・太ももを引き締める、壁を使った椅子のポーズ
画像出典: fotolia

お腹・お尻・太ももをギュッと絞る♡下半身痩せヨガポーズ

2018年06月29日
こんにちは、コラムニストの愛子です。お腹、お尻、太ももは、女性が引き締めたい三大部位と言えるのではないでしょうか。でも下半身に効くポーズやエクササイズって、辛いイメージが強くなかなか取り掛かれない方も多いのでは?そこで今回は、以前ご紹介した下半身に効く椅子のポーズの、軽減バージョンをご紹介します。

壁を使った「ウットゥカータ・アーサナ(椅子のポーズ/チェアーポーズ)」

ウットゥカータには「力強い」「激しい」「釣り合いのとれない」などの意味があります。通常のウットゥカータ・アーサナが辛い方におすすめの、軽減ポーズです。

(1)両脚を揃え、壁に背中をつけて立つ。
(2)両手を腰に添える。
(3)息を吐くタイミングで、両膝を曲げながら、足を前に出して膝と脛の角度が90度になるように調整する。
(4)息を吸いながら両腕を持ち上げる。目線は正面に向けておく。3~5呼吸キープ。 

ウットゥカータ・アーサナ
画像出典: fotolia

(5)息を吐きながら両腕を下ろし、膝を伸ばして、足を大きく一歩ずつ後ろに引き、 (1)の状態に戻る。

ポイント

・肩が上がりやすいので、なるべく力を抜いて耳と肩を遠ざけるようにしましょう。

・膝がつま先を飛び越えると、膝を痛めてしまう恐れがあります。太ももが床と平行になり、膝と脛の角度が90度になるところでキープしましょう。

・壁に頼り過ぎてお腹の力が抜けないよう気を付けましょう。
・両膝を押し合いっこするように力を入れると、内ももの引き締めに効果的です。

期待できる効果

・ヒップアップ
・太ももを引き締める
・お腹を引き締める

・体幹を強化する 

おわりに

軽減ポーズではありますが、壁に頼り切りにならないよう、お腹やお尻、太ももをしっかり使っていきましょうね!引き締まった体で、夏のファッションを思い切り楽しみましょう♪

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい