「出会いが減った」は言い訳?アラサー女子が勘違いしがちな恋人ができない理由 「出会いが減った」は言い訳?アラサー女子が勘違いしがちな恋人ができない理由
画像出典: fotolia

「出会いが減った」は言い訳?アラサー女子が勘違いしがちな“恋人ができない理由”

2018年05月23日
「恋人が欲しいのにできない」という恋愛停滞期が続くと、無意識のうちに「自分のココが悪いのでは?」「これが原因なのかも」と、恋人ができない理由について、あれこれ心当たりが思い浮かぶこともあります。しかし、必ずしもその理由が正しいとは限りません。中には、多くのアラサーが勘違いしがちな“恋人ができない理由”もあるのです。

勘違いその1:昔に比べて出会いが減ったから

恋人ができないと嘆く女性の中には、「昔に比べて出会いが減ったから」を理由に挙げる人も多くいます。確かに10代、20代の頃と比較すると、30代は圧倒的に出会いが減ったと感じる瞬間も増えているかもしれません。

しかし、そもそも10代、20代の頃に出会いが多かったのはなぜなのでしょうか。

それは、今以上にフットワークの軽さがあったから。実際、今現在はお誘いをされてもあまりノリ気がしないという女性の中にも、昔は友人からのどんなお誘いでもすぐにOKを出していたという人だっているのでは?

要は「楽しそうだから行ってみよう」と即行動に移せる気持ちがあったからこそ、それに比例して出会いも多かったのです。

「昔に比べて出会いが減ったから」を恋人ができない理由にしている女性は、昔同様とまでは言わずとも、たまには損得勘定なしで、少しでも楽しそうだと思えるお誘いには思い切ってのるようにしてはどうでしょうか。

意外とノリ気でないお誘いについて行った途端、すてきな出会いを見つけられたというアラサー女性も多いのですよ。

フットワークの軽さ
画像出典: fotolia

勘違いその2:顔や性格に自信がないから

「自分の顔や性格に自信がないから」を恋人ができない理由にしている人もいます。もちろん、誰にだって外見や中身にコンプレックスのひとつや二つはあるでしょうし、そこで「自信を持て」と言われてもそう簡単に自信を持つことなどできません。

ただ、意外とあなたが自信を持てずにいる部分って、他人から見てそこまで気になるものではない場合も多いのです。

もし、自分に自信が持てないことを恋人ができない理由にしているのであれば、これからは思い切って、そのコンプレックスを他人の前で出してみてはどうでしょうか。

「自分の低い鼻が嫌い」「人見知りで男性とうまく話せない」など思い切って他人の前で打ち明けてみると、案外、「そんなに気にすることではない」「その方が可愛いと思うよ」など違った反応がもらえるかもしれません。

そして、誰かひとりからでもそのように前向きな一言がもらえると、今まで悩んでいたことが嘘のように気持ちも軽くなります。同時に自分の自信の無さを恋人ができない理由にすることだってなくなるはずです。

コンプレックスをさらけ出す
画像出典: fotolia

意外とその理由、勘違いかもしれません

恋人が欲しいのにできないという悪循環が続くと、誰もが「自分の何が悪いんだろう」と原因を追究してしまいがち。もちろん、そのように自分の言動を振り返り、原因を探ることは大切です。

しかし、間違った原因を信じ込み、自分に恋人ができない理由について大きな勘違いしてしまうと、ますます悪循環に陥ってしまいます。

もし「自分は○○な理由で恋人ができない」と思い込んでいる女性がいれば、一度、その理由が本当に正しいものであるかを考え直してみてはどうでしょうか。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数