キュッと引き締まった美しい足首をつくるお辞儀ストレッチ キュッと引き締まった美しい足首をつくるお辞儀ストレッチ
画像出典: fotolia

【動画あり】キュッと引き締まった“美しい足首”をつくる「お辞儀ストレッチ」

2018年04月17日
Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。気温上昇に伴いお肌の露出度が上がります。そこで気になる“足首”!「ぽってりとした足首の太さが気になる人」「あしの浮腫みが気になる人」「アキレス腱が見えない人」キュッと引き締まった足首のために、すぐにできる簡単ストレッチをご紹介します。

繰り返す力

前回は、「エクササイズで期待した成果を得るための基本」をお伝えしました。こんな言葉を聞いたことはありませんか?「人は1か月後には、覚えたことを79%忘れてしまう」/(ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスの実験)いわゆる忘却曲線というものです。(意味のない3つのアルファベットの羅列(られつ)を覚えた場合のデータであり、個人差もあります)

ようするに、人間は忘れる動物であるということです。だからこそ、定期的にフィードバック(振り返り)繰り返し学ぶことで記憶を定着させていくことが大切です

これからも、度々「繰り返し」あなたの「やる気スイッチ」を刺激するOKメッセージを発信していきますね!

美脚のためのセルフチェック

さて、今回の本題に入ります。温かくなると私たちのファッションが変わります。すると寒い冬の間は隠れていた身体のラインが露出します。そして、いろいろなパーツが気になります・・・。

今回注目するのは、颯爽とした歩き方にも影響する“足首”です。ちなみに足首が引き締まっていると「着やせ」して脚がキレイに見えます。まずはご自身の今の足首をチェックしてみましょう。

美脚のためのセルフチェック
画像出典: fotolia

チェック1:足首回りをよく見てみましょう。
アキレス腱や踝(くるぶし)がちゃんと見えていますか?弾力はありますか?ガサガサしていませんか?
→硬く冷たくなっていたら要注意です。

チェック2:柔軟性を確認しましょう?
床に足の裏をべったりつけたまましゃがみこめますか?
→しゃがめない人や踵が浮いてしまう人は、骨盤の動き・脚全体・足首回りが硬くなっています。足首の硬さは転倒の原因にもなってしまいます。柔軟性を高めるように心がけしましょう。

キュッと引き締まった足首のためのストレッチ

それでは足首回りの柔軟性を高めて動きを改善する簡単ストレッチとして、「ヒラメ筋*」のストレッチをご紹介します!
(*ヒラメ筋=ふくらはぎにあり腓腹筋に覆われています。)

1:正座して、片方の膝を立てます(骨盤が後方へ倒れて腰が丸まらないように注意しましょう)

2:息を吐きながら前屈して胸で太ももを押すように足首を屈曲させます

目安:左右各30秒キープします。

ポイント:踵(かかと)が上がるとストレッチ効果が失われます。踵を床に着けたまま足首がしっかり屈曲(鋭角に)することでヒラメ筋をストレッチしましょう。

詳しい方法は動画でどうぞ。

埋め込みコード

美しい足首と美しい歩き方はお友達

毎日のストレッチですっきりした足首を手に入れて、颯爽と歩きましょう。マハロ~♪

執筆者:
OK和男

LINE@で美LAB.を

友だち追加数