冷え性改善!ジャーヌ・シールシャ・アーサナで寒い冬を乗り切ろう! 冷え性改善!ジャーヌ・シールシャ・アーサナで寒い冬を乗り切ろう!
画像出典: fotolia

冷え性さん必見!寒い冬を乗り切る「冷え性改善ヨガポーズ」

2018年01月06日
こんにちは、コラムニストの愛子です。冷え性に悩む女性は多いのではないでしょうか。私も昔はひどかったのですが、様々な健康法や美容法を試し、随分改善されました。私が効果を実感した方法の1つはヨガ。そこで今回は、血行を促進し、冷え性改善効果が期待できるヨガのポーズをご紹介します!

ジャーヌ・シールシャ・アーサナ

「ジャーヌ」には、「シールシャ」にはという意味があります。

(1)両脚を前に伸ばして座る。
(2)左膝を曲げ、左足の甲を床に、左の足裏を右ももの内側につける。
(3)右足を開く。
(4)息を吸いながら両手を組んで、両腕を持ち上げ伸びをする。
(5)息を吐きながら体を右足の方へ向け、倒していく。
(6)次の順でゆっくり体を慣らしていく。

1.右足の親指→2.足裏→3.踵→4.さらに遠くに手を伸ばし左手で右の手首をつかむ。3~5呼吸キープ。

ジャーヌ・シールシャ・アーサナ
画像出典: fotolia

(7)息を吸ってお腹を引き締め背筋を伸ばす。
(8)息を吐きながら腕を曲げ、肘を外に開きながら額、鼻、唇、顎の順で右膝につける。2~3呼吸キープ。

ジャーヌ・シールシャ・アーサナ
画像出典: fotolia

(9)余裕があれば右足の内側か外側、どちらかやりやすい方に額をつける。胸を右ももにつけお尻を床から離さないようにする。3~5呼吸キープ。
(10)息を吸いながら体を起こし肘を伸ばす。天井に視線を向け、背筋を伸ばす。余裕があれば背中をくぼませるようにする。2呼吸キープ。

ジャーヌ・シールシャ・アーサナ
画像出典: fotolia

(11)両手を解放し、(1)の状態に戻る。

※反対側も同じ要領で行う。

ポイント

・ポーズをキープしている間、背骨を上下に伸ばすようにイメージしてみましょう。

・息を吸うタイミングでお腹を引き締め背筋を伸ばして、息を吐くときに前屈を深めましょう。

・(9)のとき、伸ばしている足の内側の方が行いやすく、外側に置くと強度が上がります。体の状態に合わせてキープしてください。

期待できる効果

・冷え性改善
・血行促進
・柔軟性を高める
・消化機能を高める

【おわりに】
無理をしすぎず、心地良さを感じながら行ってくださいね♪継続すれば、体はしっかり応えてくれますよ!

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい