せっかく体にいい納豆をもっとヘルシーに!納豆の効能を最大限に引き出す食べ方 せっかく体にいい納豆をもっとヘルシーに!納豆の効能を最大限に引き出す食べ方
画像出典: fotolia

納豆をもっとヘルシーに!納豆の効能を最大限に引き出す食べ方

2018年01月09日
こんにちは、コラムニストの愛子です。納豆が体にいいというのは、皆さんご存知かと思います。でもちょっとした工夫で、よりヘルシーになるんですよ♪そこで今回は、体にいい納豆の効能を最大限に引き出すコツをご紹介します。

納豆の栄養価&期待できる効能

~栄養価~
・タンパク質
・ビタミンB6
・カリウム
・マグネシウム
・鉄分
・食物繊維
・ビタミンE
・カルシウム
・ビタミンB2

~期待できる効能~
・便秘解消
納豆菌が腸内環境を改善し、便秘解消効果が期待できます。

・アンチエイジング
・美肌効果
・女性らしい体をつくる
・生理痛、生理不順の改善

大豆イソフラボンが女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをするため、様々な健康&美容効果が期待できます。

納豆
画像出典: fotolia

1:付属のタレを使わない

納豆はとても体にいいのですが、付属のタレには実は添加物がいっぱい。せっかく体に良いものを食べるのに、害のあるものも摂取してしまうのは何だか勿体ない気がしませんか?特に毎日食べている方は、それだけ添加物も一緒に摂取していることになります。

そこで、付属のタレの代わりにおすすめの調味料はこちら!

・塩+オイル(亜麻仁油、オリーブオイルなど)
・無添加のだし(自然食品のお店やインターネットで購入できます)+無添加の醤油
・塩麴

2:加熱しない

納豆に含まれるナットウキナーゼは、加熱により効果が失われてしまうと言われています。

炒め物に混ぜたりトーストに乗せて焼いたりするのが好き、という方もいらっしゃると思いますが、そのまま召し上がったほうが健康的には良いそうです。

~因みにナットウキナーゼって?~
大豆を納豆菌が発酵させるときに生まれるのが、ナットウキナーゼ。納豆のネバネバに含まれる酵素のことです。血栓(血の塊)を分解することで、血行を促進し、血流が悪いことでかかりうる生活習慣病の防止につながると言われています。

納豆のねばねば
画像出典: fotolia

おわりに

納豆の効能を最大限に引き出すコツをお伝えしましたが、神経質になる必要はありません。時には付属のタレを使たって、加熱したっていいと思います。ただ知っていて損はないと思うのですよね。どんな健康法、美容法も、それくらいの心持ちで取り入れていきましょう!

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数