スタイルアップは脚元から! むくみを取って、痩せやすい体質を手に入れよう♪ スタイルアップは脚元から! むくみを取って、痩せやすい体質を手に入れよう♪
画像出典: fotolia

スタイルアップは脚元から!むくみを取って「痩せやすい体質」を入手

2017年08月24日
水分を取りすぎたわけでもないのに、いつも脚はパンパン。夕方には脚が重怠く、靴下の跡も取れない。その「むくみ」は、冷房のあたりすぎから来る「冷え」だけが原因だと思っていませんか?実はそれだけではないのです。今回は、脚のむくみに悩むあなたにオススメの「自宅でできる簡単ストレッチ」をご紹介。むくみ改善と共に、痩せやすい体質づくりも期待できます♪

自分では気づきにくい、股関節回りの硬さ。

むくみの原因と考えられるものは「身体の冷え」「水分の摂りすぎ」等々、たくさん考えられますが、意外と忘れられがちなのが股関節まわりの柔軟性

股関節の周りの筋肉の動きがスムーズでないと、血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物の排出がうまくできなくなってしまうことがあります。

ただでさえ、最小限しか足を動かさずとも生活できる現代社会。私達の股関節は皆さんが思っている以上に柔軟性を失っている可能性が

そこで今回はフィットネスインストラクターの著者が、毎日のむくみにお悩みの方や、脚元をスッキリ綺麗にしたい方にオススメな「毎日できる簡単な股関節ストレッチ」をご紹介いたします。

血液・リンパの流れを良くすることで、代謝UPも期待できます♪

カエルストレッチ(股関節ストレッチ)

1. 足の親指合わせ、正座をします。

画像出典: fotolia

2. 親指が離れないようにしながら、膝をできるだけ遠くに移動します。(股関節を広げる)

画像出典: fotolia

3. 親指が離れないようにしながら身体を前に倒していきます。お尻はなるべく高くなりすぎないようにし、お腹を床に近づけるようにしてください。(30秒ほどキープ)

画像出典: fotolia

4. 膝の真下に足を移動させ、なるべくお尻を床に近づけるような姿勢で完成です。(30秒ほどキープ)

画像出典: fotolia

★NG例★
背中が極端に丸まらないように注意。

画像出典: fotolia

【ポイント】
・無理力を入れることなく、深い呼吸を行いながらゆっくり行う。
・体重を床に預けるように、上体の力を抜く。
・お尻を上げすぎない。

ストレッチを無理なく正しく続けるには

「痛い」と思ったら力を抜くこと。「痛い」と感じると筋肉は瞬間的に力んでしまうため、正しくストレッチができません。

また、「痛い」ストレッチは「またやろう」となかなか思えないですよね?あなたが続けられる範囲で、気持ちよく「伸び」を感じられる程度の強度で行ってみてください。

動作スペースも取らないので、テレビのCM中など生活の隙間に習慣化してみてはいかがでしょうか。

お風呂あとの身体が温まった状態はもちろん、起床直後や就寝前等様々なシーンで焦らず続けていけば、脚元スッキリ「むくみ」改善が期待できます。

股関節回りの動きが良くなるので、今流行りの開脚ストレッチができるようになりたい方にもオススメです。

執筆者:
川満 盛仁

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい