お正月太りを引きずっていない!?2月太りを防ぐ3つの方法 お正月太りを引きずっていない!?2月太りを防ぐ3つの方法
画像出典: fotolia

冬太りを引きずっていない?「2月太り」を防ぐ3つの方法

2017年02月23日
冬の間に増えてしまった体重、寒さで活動する時間も減り、そのまま元に戻らない方や微妙に増え続けているという方を多く見受けられます。そのまま定着してしまっていませんか?そんな2月太りを解消するシンプルな方法があります。今日はそれを3つご紹介したいと思います。

1、ダイエットに必要な一日60分をラクに歩く

「一日に60分も歩くの?続かない!」と思っていませんか?一度に60分をまとめてあるかなくても、大丈夫です。安心してください。コツは早歩きをすることです。

例えば朝の通勤で15分、帰りが15分、ランチを食べに行ときに、往復で20分とします。残りは、オフィスでコピーを取りいくときなど遠回りとしてください。

それでも不足している分は、帰りにウィンドウショッピングをして、歩く時間をプラスします。思ったより楽しく歩くことができます。毎日続けると、体重60kgの方の場合、一か月で約250kcal消費できる計算(※)になります。

早歩きをするイメージ
画像出典: fotolia

2、食べる量を減らさずに質を変える

体重を落とそうと思うと、まず「食事の量を減らす」と思いがちですが、これは我慢によるストレスで、数日でドカ食いする原因になります。思い当たる方もいるのではないでしょうか。そこで量を減らさずに質を変えていきます

主食は白米から大麦や雑穀を混ぜたもの、玄米がおすすめ。噛み応えがあるので、今までよりも少ない量で満腹感を感じるはずです。肉をたべるときは、その倍の野菜を食べてください。サラダではなくスープでも煮物、蒸し野菜でもOKです。おやつは太陽の出ている時間に食べましょう。

蒸し野菜のイメージ
画像出典: fotolia

3、痩せた後の目標を具体的に考える

体重を落とすことを目標にしていませんか?落とすことも目標にしていると、体重が落ちたときに、安心してリバウンドしてしまう可能性が高くなります。キレイに痩せた自分を想像しましょう。どこのブランドのワンピースが着たい、春に向けて明るい色の胸元があいたデザインを着たいなどです。

また、体重を減らすという目標をクリアしたことで、やり遂げた自分を好きになり、自信をもって出会いの場にいけるのではないでしょうか。

いかがでしょうか。2月太りを解消したら、それを維持するために今までの生活を少しだけ変えてみませんか?それだけで、いつまでもスタイルを維持できるはずです。

※【身体活動の量からエネルギー消費量への換算方法】
身体活動の量〔メッツ・時〕に体重〔kg〕を乗じるとエネルギー消費量〔kcal〕に換算できる。
(4.3メッツ×1時間×60kg=約250kcal)
出典:厚生労働省「運動基準・運動指針の改定に関する検討会 報告書」16P

【3メッツ以上の運動の例」メッツ4.3/やや速歩(平地、やや速めに=93m/分】
出典:厚生労働省「運動基準・運動指針の改定に関する検討会 報告書」52P

執筆者:
岡野 ユミ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数