歪み矯正は、家でもできる!歪み解消ストレッチと歪まない生活のコツ 歪み矯正は、家でもできる!歪み解消ストレッチと歪まない生活のコツ
画像出典: fotolia

歪み矯正は、家でもできる!歪み解消ストレッチと歪まない生活のコツ

2016年12月13日
ボディラインは“見た目”の勝負。標準的な体脂率の健康体でも、引き締まっていれば美ボディです。逆に、どんなにスリムでも、スラッとまっすぐでなければ美しく見えません。姿勢の崩れや歪みは日々の生活がつくりあげています。“歪ませない”生活とリセットストレッチで、スラリ美人を目指しましょう。

毎日おこないたい歪み改善ストレッチ

猫背になっていたり、重心が偏り身体の一部分だけに大きな負荷がかかっていたりすると、むくみや代謝の低下を招いたり、体脂肪がつきやすくなったりします。

デスクワークや家事などで前かがみになることが多い人ほど注意が必要。まっすぐに伸びた状態に整えましょう。このストレッチなら、布団の上でも手軽にできちゃいます!

1. 仰向けで“気をつけ”の姿勢になる
2. 両手を頭上に上げ、両手のひらが向かい合うように組む
3. 足先を伸ばし、両手を頭上に限界まで伸ばす(10〜20秒間)

※お腹や肩がぐ〜っと伸ばされている感覚を大切に、心地よい強さでおこないましょう。また、伸ばしている間はゆっくり大きく呼吸をしましょう。

ストレッチのイメージ
画像出典: fotolia

4. 脱力して、呼吸を整える
5. 両手を頭上に上げ、両手のひらが外側に向くように組む
6. 足先を伸ばし、両手を頭上に限界まで伸ばす(10〜20秒間)

※お腹や肩がぐ〜っと伸ばされている感覚を大切に、心地よい強さでおこないましょう。また、伸ばしている間はゆっくり大きく呼吸をしましょう。

7. 脱力して、呼吸を整える

日々の生活で歪ませていては意味がない

どんなにリセットストレッチで全身をまっすぐに伸ばしても、日常生活で乱していては美しい姿勢をキープすることはできません。より美姿勢をキープしやすくなる次の3つのポイントを押さえて、日頃から“歪ませない”身体に整えておきましょう。

1. 肩を前に出さない(肩甲骨を引き寄せて胸を張る)
2. UFOキャッチャーで頭を吊られているようなイメージで上半身を引き上げる
3. 重心が中心にくるように意識し、お腹を凹ませ、お尻を締めた状態をキープする

画像出典: fotolia

日々、美姿勢を意識して過ごして、その姿勢が自分にとって心地よい状態になれば、いつでも美しい自分でいられます。また、リセットストレッチでまっすぐに伸ばし、代謝を高めることで、さらに美しいボディラインを保つことができます。

ぜひ、今日からの姿勢とストレッチ習慣で、いつまでも引き締まったメリハリボディを実現してください。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数