アレが原因?一見綺麗な姿勢から、本当に正しい姿勢へ導くストレッチ! アレが原因?一見綺麗な姿勢から、本当に正しい姿勢へ導くストレッチ!
画像出典: fotolia

そのキレイな姿勢はニセモノかも。正しい美姿勢に導くストレッチ

2018年06月06日
こんにちは、コラムニストの愛子です。姿勢には気を付けているつもり、人からも「〇〇さんって姿勢いいね」とよく言われる、それなのにもし首や肩、腰の凝りが酷かったら、あなたのその綺麗な姿勢は、間違っている可能性大!今回は、姿勢が崩れる根本的な原因を解決し、正しい姿勢に導くストレッチをご紹介します。

1:こんなニセモノの正しい姿勢、とっていませんか?

ニセモノの正しい姿勢
画像出典: 美LAB.

一見どれも綺麗な姿勢に見えるかもしれませんが、この中で本当に正しい姿勢は1番左だけです。あとの2つは、実は体に負担のかかる姿勢。そしてこの2つの姿勢をとっている女性ってとても多いのです。

×1(中央)の特徴:胸を張り過ぎて、お腹が伸びている。体幹に力が入りづらいため、背中や肩、腰などに負担がかかる。

×2(右端)の特徴:腰を反り過ぎて、腰に負担がかかっている。


では、姿勢に気を付けているのにこのようになってしまうのは、どうしてなのでしょうか?

2:大きな原因の1つは「ストレートネック」

ストレートネックになり首が前に出ると、それにつられて肩も内に入り、前かがみの状態になります。それではバランスが悪いので、バランスをとるために自然と胸や腰が反ってしまうのです。姿勢に気を付けているつもりなのに体のあちこちが凝りやすい方は、下記の方法でご自身の姿勢を確かめてみましょう。

□鏡でチェック
鏡で横姿をチェックし、胸や腰が大きく反っていないか確かめてみてください。そしてもし×1や×2に近い姿勢をとっていたら、反った胸や腰を真っすぐにしてみましょう。すると、首や肩がかなり前に飛び出していることに気付くと思います。

鏡でチェック
画像出典: fotolia

□壁でチェック
壁に踵、お尻、肩を付け、腰と壁の間に手の平一枚分ほどのスペースを空けて立ってみましょう。そのとき、頭が前に飛び出ていたら、ストレートネックです。自然に頭が付けばOK。頑張って首を後ろに引かないと頭が壁につかない、もしくは頑張ってもつかない場合、けっこうひどい状態。そして肩がつかない場合は猫背です。

3:ストレートネック改善ストレッチ

では早速、ストレートネック改善ストレッチを行いましょう!立っていても座っていても行えます。

用意するもの:フェイスタオル

(1)タオルを首にかけ、タオルの端を持つ。
(2)顎を引いた状態で、タオルを前に引っ張り、それに対抗するように首を後ろに引く。10秒ほどキープ。

ストレートネック改善ストレッチ
画像出典: 美LAB.

これを1日に何度か繰り返しましょう!

長さやセット数にこだわらず、行いやすい時間帯に行いましょう。決まった時間に行うのもいいですが、仕事の空き時間など、気づいたときに小まめに行うと効果的です。

こんなお話をしながら、私自身ストレートネック気味なのです。だからPC作業の合間に、小まめに行うようにしています。はじめてからわりとすぐ効果を実感したので、皆様にもシェアさせていただきました。ぜひ試してみてくださいね♡

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数