写真映りを良くする!~顔色・表情編~ 写真映りを良くする!~顔色・表情編~
画像出典: fotolia

写真映りを良くする即効マッサージ!~顔色・表情編~

2016年10月19日
こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。写真に映る自分の顔を見ると、こわばっていたり、顔色が悪かったりして、気になることはありませんか?今回は、ちょっとした作業でそれらを解消する裏技をご紹介します。

首の前のストレッチ

両手を開いて重ね、鎖骨の下へ当てて皮膚を押し下げるようにします。「イ」の口の形で上を向いて、首の前側をストレッチします。

顔に血が巡り、血色が良くなります。

首の前のストレッチのイメージ
画像出典: 美LAB.

頭皮のマッサージ

頭皮に手の指を当てて、皮膚を動かすようにして刺激します。

頭皮から顔の皮膚・表情筋はひとつながりなので、頭皮を動かすことで、表情筋もゆるみリラックスし、表情が柔和になります。

頭皮のマッサージのイメージ
画像出典: 美LAB.

おでこ(眉間)のマッサージ

緊張すると、眉間や眉の周り・おでこがこわばります。

両手の指を折り曲げて、第1関節でおでこをマッサージします。特に髪の生え際や、眉のそばなどをほぐして自律神経の働きを整えるツボの刺激をし、表情のこわばりを取ります。

耳を引っ張る

耳を横に引っ張るのも、副交感神経の働きを整える刺激です。リラックスすると同時に、頭や目もすっきりはっきりします。

耳を引っ張るのイメージ
画像出典: 美LAB.

首の後・横のマッサージ

片手で首を後ろからつかむと、親指が首の横に当たります。そのまま親指で首の横を押したり、斜め後ろを押したりします。反対側も同様です。

首の凝りを取り、頭や顔への血流を促すので、顔色が良くなります。

首の後・横のマッサージのイメージ
画像出典: 美LAB.

鎖骨周りのマッサージ

ピースをする指で、反対側の鎖骨の上下を挟んで動かし、皮膚の奥の筋肉やリンパの流れを促すように、心地よく左右に動かします。

鎖骨周りがほぐれて巡りが良くなると、顔のリフトアップや血色アップにつながります。

鎖骨周りのマッサージのイメージ
画像出典: 美LAB.

おわりに

いかがでしたか?取り組んでみて、顔色・血色が良くなったり、顔の筋肉が柔らかく動きやすくなったり、表情が柔和になったり、変化を感じたでしょうか。

写真を撮る前でも、人に会う前でも、自分自身の快適さのためでも、ぜひお役立てください。

執筆者:
美宅 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい