数時間で栄養アップ!簡単にできる「干し野菜」のつくり方 数時間で栄養アップ!簡単にできる「干し野菜」のつくり方
画像出典:

数時間で栄養アップ!簡単にできる「干し野菜」のつくり方

2017年10月04日

野菜は美容に良いとわかっていても、苦手という人は多いですよね。そこで手軽に野菜を美味しく食べられる方法として、干し野菜が注目を集めています。ここでは干し野菜について詳しくみていきましょう。

干し野菜にすることのメリット

干し野菜とは、端的にかくと野菜を干したものです。最近ではスーパーなどでも見かけますし、自宅でも簡単に作ることができます。

野菜を干すことのメリットは、水分が抜けることにより旨味成分が凝縮されることですね。そのまま食べたとしても、甘みがグッと増しているので、かなり食べやすく感じるでしょう。さらに美味しく食べるのなら、お味噌汁の具などにするのがお勧めです。

干し野菜ってどうやって作るか?

干し野菜の作り方は簡単です。余った野菜の切れ端でも良いですし、そのまま切ったものでも良いので、ざるのようなものに載せて、天気の良い日に干すだけです。数時間から半日、1日など、好みや用途や応じて干し時間を調整しましょう。

あまり干しすぎてしまうと硬くなってしまうので、半分ほど乾いたなというところが食べ頃。干し足りない時には、翌日また干し直しましょう。

干し野菜の美容効果ってどんなものがあるか

酵素の働きによって甘みが増すのは、大きな魅力。また、干すことによって栄養価が高まることから、ビタミン類やミネラルなどがより効率良く摂取できます。

美容にも健康にも、干し野菜を食べるのは大きなメリットがありそうです。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数