お肌が冷える!?この秋冬にお肌を冷やさないために意識したい3つのこと お肌が冷える!?この秋冬にお肌を冷やさないために意識したい3つのこと

お顔が冷えると肌トラブルに!?肌を温めるための工夫3つ

2017.09.29 くすみ・くま/ケア法
夏が終わり気温が下がり始め、秋や冬の匂いがし始める頃。そうなると女性が気になりだすのが「冷え」「冷え症」なのではないでしょうか?身体が冷えることはもちろん、顔も冷えていることを知っていますか?お顔が冷えることで「血行不良」「くすみ」「乾燥」などのトラブルを招きがちに‥。お肌が冷えないために意識したい3つのことをご紹介します。

■入浴は必ずおこなうこと

いつも時間がない・・・とシャワーだけで済ませていませんか?湯船に浸かり、入浴することで体の芯や手先や足先まで温まり、血行が一気にアップ

夜の睡眠の質を上げることはもちろん、一日の緊張もほぐれるので入浴するように心がけましょう。

朝、時間に余裕がある場合は、心地いいと感じる熱さ~42度くらいのお湯に浸かり体を温めるも良し。交感神経を刺激するので目がパッチリと覚め、シャッキっと身体を起こしてくれますよ。

入浴して温まって

■温かいものを口にする

身体を冷やす原因の一つとして「内臓の冷え」があります。内臓を冷やさないためにも、食べ物を食べる際に温かいものから食べ始めること。

「温かい飲み物」「スープ」「蒸し野菜」など。食材そのものから温める効果のある「冬野菜」「根菜類」などを意識することや、身体を冷やす「白い食材は減らす」といったことを意識しましょう。

■ながらストレッチやながら運動を習慣化

寒くなるとついジッとしたくなり、動きたくなくなりますよね。

冷えや冷え症の原因は筋力の低下も関係しているので、朝歯磨きしながら腕を回したり、ヒップアップストレッチをしたり、掃除しながら手や足を大きく動かす、入浴しながらマッサージやストレッチなど、日々おこなう行動の中で、「◯◯ながら」はたくさん出来ます。

掃除をしながら運動も

身体が冷える足先や手先だけではなく、首や肩の血行が悪くなり、お顔も冷える原因となります。

日頃から身体を冷やさない工夫や意識することはもちろん、お肌の血行不良やくすみ、乾燥肌などの肌トラブルを招かないためにもしっかりと身体を温めましょう。

Photo by 
  • fotolia

くすみ・くまのキーワード

この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる