腸内環境を整えて美腸になると、もれなく美肌になる!その方法とは? 腸内環境を整えて美腸になると、もれなく美肌になる!その方法とは?

美腸=美肌!腸内環境を整える方法とは?

2016.03.28 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。ビューティーフード研究家の室谷真由美です。腸がキレイになると、お肌もキレイになります。今回は、腸内環境を整える方法についてお話しいたします。

腸は第二の脳

腸内環境といえば腸内細菌の状態(腸内フローラ)が非常に重要となってきます。腸は食べたものを消化吸収してくれる臓器ですが、食べものの栄養素を吸収し、不要になった老廃物を排泄するばかりではなく、体を守ってくれる免疫にも大きな役割を果たしてくれています。

第二の脳と言われるほど重要な器官であり、腸が若さと健康のバロメーターとも言えます。

腸のイメージ

善玉菌を増やす食材

腸には100種以上、100兆個もの腸内細菌がいるといわれ、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられます。乳酸菌などの善玉菌は、腸内を酸性に保ち、腸の運動を活発にして便秘を防ぎ、免疫力を高める他、ビタミンB群などのビタミンを作り出します。一方、悪玉菌はたんぱく質や脂質が中心の食事と、不規則な生活、ストレス、便秘などが原因で腸内に増えていきます。

善玉菌を増やすには、善玉菌を元々含んでいる発酵食品を摂ること。そして、善玉菌のエサになる食物繊維オリゴ糖を摂ることがポイントになります。

オリゴ糖は、身近な食材に多く含まれており、主に野菜や果物。特に玉ねぎやねぎ、ごぼう、アスパラ、大豆、バナナ、はちみつなどに多く含まれています。

玉ねぎ、大豆(発酵食品)のイメージ

マクロビオティックのお食事で善玉菌を増やす

マクロビオティックのお食事は、玄米とお野菜を中心とした食生活。まさに、食物繊維やオリゴ糖を多く含むお食事であり、伝統製法のお味噌やお醤油など、発酵食品を使って調理しますから、善玉菌を増やし、腸内環境を整えることができます。

腸内環境が整うということは、腸がキレイになり、美腸となります。腸がキレイだと、必ずお肌がキレイになっていきます。春らしいメイクやファッションを楽しむ季節、うるつや肌を目指して腸内環境を整えていきましょう。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

「モデル・ビューティーフード研究家」として、体の中からキレイになれる食を追求し、セミナーや各種講演・プロデュース商品など…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる