「野菜=ヘルシー」とは限らない・・・!? 「野菜=ヘルシー」とは限らない・・・!?

「野菜=ヘルシー」とは限らない・・・!?

2016.02.20 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
「ダイエット中はヘルシーなサラダをもりもり食べてお腹をふくらまし、ご飯やおかずを少なくしよう!」一見正しいこの作戦、実はうっかりカロリーオーバーになってしまったり、むしろ太りやすい体質になってしまったりする可能性があります。知識は最大の美容液。野菜のことも、しっかり知っておきましょう。

野菜=低カロリーとは限らない

野菜はカロリーが低いと思われがちですが、煮物やドレッシングなどの味付けによってカロリーが高まることが多いため、注意が必要です。

糖質の多い芋類や根菜類はカロリーが高めだとは知っている人が多いですが、「葉野菜サラダなら大丈夫!」と安心してはダメ。コンビニなどで葉野菜サラダのカロリー表示を見ると、30〜100kcalとかなり低カロリー。ですが、これにドレッシングを加えると一気に200kcalを超えてしまうケースもしばしば。

サラダにドレッシングをかけるイメージ

煮物や炒め物にして味付けを加えることでも同様にカロリーが追加してしまうため、「野菜だからいくら食べても大丈夫」というわけにはいきません。

栄養素にも注目!

「じゃあ、葉野菜ばかりをドレッシング少なめで食べればいいの?」というと、そうでもないのです。確かに野菜には代謝をアップさせてくれるビタミンやミネラルが豊富ですが、それだけでは体内を活性化させることはできません。

エネルギ源である炭水化物(糖質)が不足すれば体内のはたらきが低下するのは当然ですし、細胞の材料であるたんぱく質が不足すれば体液循環を促したり、カロリーを消費したりしてくれる筋肉を育てることができません。

野菜ばかりの食生活を続けると体重はどんどん落ちていくかもしれませんが、代謝の低い太りやすい体質になる可能性があります。便秘や肌荒れはもちろん、肌の再生も行われにくくなって、たるみやシワに悩まされる可能性も高まります。

サラダにはチキンやツナ、魚介類をプラス!

栄養バランスを整えるためには、低カロリーなたんぱく源をサラダにプラスするのがおすすめ。鶏肉やツナ、あさりやホタテ、イカなどの低カロリーでたんぱく質の摂取できる食材を一緒に摂取しましょう。

野菜だけなら太らないから安心、とそればかり食べていては美しさは育ちません。必要な栄養素をしっかりと摂取して体内のはたらきを活性化させることが、スリムで美しい身体への近道ですよ。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる