インナービューティーの極意は「血のめぐり」にあり インナービューティーの極意は「血のめぐり」にあり

インナービューティーの極意は「血のめぐり」にあり

2016.02.19 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
血のめぐりの良し悪しは、美しさを左右する重要な要素。血のめぐりが悪いままで代謝をよくしたり、肌荒れやむくみを改善したりすることはとても難しいのです。そこで今回は、血液のはたらきと血のめぐりを良くするコツをご紹介します。

血液の2つのはたらき

血液のはたらきは、大きく分けて2つ。1つは酸素や栄養分を全身に運ぶための「血液循環」。そしてもう1つは、老廃物や疲労物質などを回収する「新陳代謝」です。

酸素や栄養分が身体の隅々まで行き渡らなければ、肌や筋肉などが再生されず老化ばかりが進行。老廃物や疲労物質がすっきりと排出されなければ、むくみや肌荒れに悩まされやすく、太りやすくなってしまいます。

むくみや肌荒れのイメージ

美しい肌や代謝をアップさせる筋力、老廃物を溜め込まない体質を実現するためには血液を健康的でサラサラにすることが大切。めぐりのよい状態をキープできることが、インナービューティーの極意です。

血のめぐりをよくする生活のコツ3つ

血のめぐりの大敵は栄養不足冷え。体液をスムーズに流すためには運動も欠かせません。次の3つは、インナービューティーを実現するのに不可欠な習慣です。

(1) 食事のバランスを整える
血液の材料となるたんぱく質や鉄分は、血のめぐりを良くするのに不可欠なため、特に摂取したい栄養素。エネルギー源となる炭水化物もしっかりと摂取しなければ、血液をつくる力も減退してしまいますよ。主食、主菜、副菜を彩りよく組み合わせることで、体内のはたらきを高める栄養素をバランス良く摂取しやすくなります。

(2) 身体を温める
冷えは血の巡りを阻害する大きな要因。温かい食事や服装の工夫で、身体が冷えないようにしましょう。手先が冷たいな、と感じたら体内が冷えている可能性大。ハーブティーなどを小まめに飲んで温めるのがおすすめです。ショウガなどの体内を温めるはたらきのある食材を摂取するのも効果的。

(3) 身体を大きく動かす
体液循環をスムーズにするためには身体を動かすことも大切です。散歩に出かけて足を動かしたり、ストレッチをして全身を大きく動かしたりすることで、血のめぐりを促進することができます。

血のめぐりを良くすることで、血色が良く艶のある肌へと変わっていきます。毎日を生き生きと美しく過ごすために、血のめぐりをよくする生活をおくっていきましょう。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる