「水は1日2ℓ」は飲みすぎ!? ダイエットやデトックス効果を高める飲み方 「水は1日2ℓ」は飲みすぎ!? ダイエットやデトックス効果を高める飲み方

「水は1日2ℓ」は飲みすぎ!?ダイエットやデトックス効果を高める飲み方

2015.12.29 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちの身体の60〜70%は水分。栄養分の運搬や内臓機能の活性化、老廃物の排出など、美と健康を実現する上で重要なはたらきを担っています。栄養素を隅々まで行きわたらせて肌を若々しく保ち、老廃物を排出するデトックス力を高めるためには、水分が不可欠。毎日、美しくなるための水分補給ができていますか?

身体にやさしい「水」を飲んでいますか?

お茶やコーヒーなど、カフェインの含まれた飲み物は、利尿作用によって排出されてしまい、“水分補給”には適しません。また、冷たい水は体内を冷やし、はたらきを低下させてしまう恐れも。

常温の水や白湯を飲む習慣をつくることで、腸のはたらきを活性化したり、排便を促したり、老廃物を排出する流れをスムーズにする効果が期待できます。

飲み過ぎていませんか?不足し過ぎていませんか?

腸の機能を活性化させたり、ダイエット効果を高めるためには、1日“1.5ℓ〜2ℓ”の水分補給が望ましいと言われています。とはいえ、必要な水分量は体格(体重)や体質、体調、季節、運動習慣などによって異なります

また、飲み過ぎは腸内環境の悪化や身体への負担が増大し、冷えや代謝の低下を招く恐れもあります。一般的な必要水分量をもとに、自分に合った量を見つけていくことが大切です。

水分量のイメージ

1日に必要な水分量の“めやす”は体重45kgの人で1.5ℓ、体重55kgの人で2ℓほど。食事で取り入れる分(500〜800 mℓ)もありますから、その不足分である1ℓ〜1.5ℓ程度をこまめに補給すると良いでしょう。

朝と夜にコップ1杯、そして「喉が乾く前」にこまめにチャージ

人は寝ている間に200mℓ〜300 mℓの水分を失っていると言われています。朝は排便を促す重要な時間ですから、内臓機能を活性化させ、排便を促すために水分が必要な時間帯。寝る前と朝起きがけに、コップ1杯分の白湯や水を飲むことをおすすめします。特に“朝の白湯”は、腸の目覚ましとしても最適。体内を活動モードへと切り替え、代謝をアップさせることができますよ。

私たちの身体の大部分は水分。水分のめぐりをスムーズに保つことで、肌やボディライを若々しく保ち、不調を防ぎやすくなります。正しい水分チャージで、美肌や便秘知らずのスッキリボディを目指しましょう。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる