バレリーナが持ち歩く!3つの美姿勢アイテム【3】テニスボール バレリーナが持ち歩く!3つの美姿勢アイテム【3】テニスボール

バレリーナが持ち歩く!3つの美姿勢アイテム【3】テニスボール

2015.10.07 痩身/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
バレエダンサーの習慣となっている3つのアイテムをご紹介しましょう。今回は、肩甲骨ケアのためのテニスボールです。他の記事でも、「美姿勢のためには、肩甲骨まわりを柔らかくすることが大事」 というお話をしました。なんとテニスボールを使うと、いつでも全身をほぐすことができるので、持ち歩いているダンサーも多いのですよ。

基本の使い方

それでは、今回の美姿勢アイテム、テニスボールを使ったほぐし方をご紹介していきます。

【ステップ1】

ストレッチのイメージ

1 仰向けに寝そべり、膝は縦、手は体の横の楽な位置におく。肩甲骨の下方あたりのくぼみに、テニスボールを2つ置く。(気持ちの良い場所に置くこと)

2 体を上下にスライドして動かし、体重をかけながらボールを転がすことで、背中のコリをほぐしていく

【ステップ2】

ストレッチのイメージ

1 ほぐれたら、肩甲骨の下方あたりにテニスボール2つを置いたまま、手をバンザイするように頭の上にあげ、膝は伸ばす。

2 鼻で息を吸って頭の上の方向へ向かって腕を遠くに伸ばし、足先も遠くに、ゆっくりと伸びをする。伸びきったら口で息を吐いて、脱力。

3 2をゆっくりと繰り返しながら背中を引き伸ばしていく。腰痛のある方は、伸びたときに腰を反りすぎないようご注意。

他にもこんな活用法が

肩甲骨だけでなく、全身をほぐすことができます。

1 オフィスのデスク下に2つおいて置き、コロコロ転がせば、足裏マッサージに。

2 テニスボールを両手に1個ずつもって、ふくらはぎを挟むようにして押していけば、ふくらはぎのマッサージに。

3 座った状態で、片方のお尻かももの下に1つおきます。体重をかけながら転がして、お尻やもも裏のマッサージに。

テニスボールのイメージ

手軽に取り入れてみましょう

背中をほぐすトレーニングは、ストレッチポールを使って行うバレエダンサーも多いですが、ストレッチポールは1つ1万円ほどしますし、持ち運びができませんね。

テニスボールはお値段もお手ごろで、バックにも入ります。新品を購入しても良いですが硬く強度が強いので、中古の柔らかくなったもので構いません。

私のジャイロキネシスレッスンでも、テニスボールのストレッチを取り入れています。
テニスボールを使ったほぐし法は、ウェブサイトでも色々と紹介されていますので、ぜひお試しくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

5歳でバレエを始める。津田塾大学卒業後、三菱UFJ信託銀行入社。丸の内の大手証券会社勤務中に、仕事の緊張とストレスから椎…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる