恋愛観が他人と違うことがコンプレックスな人へ 恋愛観が他人と違うことがコンプレックスな人へ
画像出典: fotolia

私の恋愛観おかしいカモ…それって悩む必要はなかったんです!

2018年10月29日
他の人からの共感が得られないというのは、辛いものです。でも、あなただけの考え方を大切にすることは、自分の人生を生きる上で必要不可欠です。今日は、他人と違う恋愛観を持つことでコンプレックスを感じるあなたに、自分の人生を生きるヒントをお伝えいたします。

他人と違う考えだと、批判されてしまう世の中

恋人がいなかったり、結婚していないことがコンプレックスですか? そもそも、特定のひとりだけと付き合うのが肌に合わないという感じでしょうか?食べ物の好みは人それぞれ違って当然なのに、こと恋愛に関してはそうではない風潮があります。

複数の人を同時に愛したり、根本的に恋愛には興味がなかったり。例え他人とかぶることがなかったとしても、自分だけの恋愛観を自信を持って持ちたいですよね。今日はそんな、あなただけの恋愛観を大切にして、自信を持って生きていける考え方をお伝えいたします。

恋愛
画像出典: fotolia

他人からの批判が怖いときは……

他の人から違う考え方を持つことで、批判されることが怖いでしょうか? 「強い心を持とう」と思うのは簡単ですが、そもそも批判に対して鈍感であれば、こうしたコラムを読むことすらないはずです。

私たちが誰かから批判されて傷つくとき。じつはそれは、自分が無意識に普段から考えていて、深く気にしていることになります。

つまり、自分がその批判される内容に対して全く気にしていなければ、他の人から何を言われても気にならないのです。他人から批判されたときに「そ、そうかも……」とはならず、「この人は何を言っているんだろう。まぁ、そういう意見もあるのかな」ぐらいに思えるようになります。

対策としては、事前に自分が何を言われたら怖いのかを紙などにピックアップしてみること。そして、その内容が真実なのかどうかを検証することです。

恋愛
画像出典: fotolia

他人からの指摘は、唯一の真実ではない場合が大抵である

周囲の人から自分が気にしていることを言われると、「確かにそうなのかも」と思ってしまいます。例えば、「他人と違う恋愛観を持っていると、幸せになれないんじゃない? 変な考え方なんて持たず、さっさと結婚したら?」というようなものです。

しかしこれは、本当に唯一の真実なのでしょうか?

真実かどうかを検証する方法は、とても簡単です。まず、自分の周りで他人から指摘された内容に当てはまらない人はいないか?を考えます。今回の例でいえば、「他人と違う恋愛観を持っていても、幸せになった人はいないだろうか?」と考えるのです。

そうすると、じつは「幸せになった人はいる!」ということに気づけるかもしれません。それであれば、他人と違う恋愛観を持っていても、幸せにはなれるということになります。

恋愛
画像出典: fotolia

選ばれた不幸者にならないで

こうした真実の検証をしていると、心の底からこんな声が聞こえてくるかもしれません。「いや待てよ。あの人だから、他人と違う恋愛観を持っていても幸せになれたのかもしれない」

このように、あたかも自分だけは幸せにはなれない……いわば、選ばれた不幸者としての顔が出てくるときがあるでしょう。でも、そんなときは次のように考えてみてください。

「ちょっと待って。あの人と私は何が違うの? 同じ人間じゃない。あの人にできて私にできないなんて言うのは、特別感を得たいだけなんじゃないの?」

私たちは常に、他の人とは違うことで特別感を得たいと考えてしまいます。しかしそれは、「自分は今、愛されるために特別感を得たいと思っているだけなんだ」と気づくことで、次のステージに移ることができます。

選ばれた不幸者になろうとしていると気づいたら、「そんなことをしなくても、私は私を愛することができる」と唱えましょう。他の人と特別に違うのではなく、同じあなただったとしても、あなたはあなたのことを愛することができるはずです。

もっとも良い解決策は、素晴らしいコミュニティを見つけること

上記のように私たちの心の問題というのは、いくつもの複雑な悩みを持ち合わせています。しかし、ひとつひとつ玉ねぎの皮をむくように、真実の検証をしていくことで問題は解決していくでしょう。

もっとも良い解決策は、あなたの恋愛観とマッチする考えを持つ人がいる、コミュニティを見つけること。試しにツイッターなどのSNSで、自分の考えと同じ発言を持つ人を探してみてください。そうした人たちにコンタクトを取ることで、次第に心落ち着けるコミュニティに巡り会えるでしょう。「自分だけじゃないんだ」という安心感を、得ることができるはずです。

最後に。恋愛観は、人それぞれで良いのだと私は思います。他人の人生ではない、自分の人生を生きる上で、あなたのことをもっとも尊重できるのは、あなた自身です。自分で自分の考え方、そして生き方を認められたとき。例え他人に何を言われたとしても、あなたは深い幸せを感じられるはずですよ。

執筆者:
今井 翔

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい