ゴロ寝中に姿勢改善!ちょっとの工夫で美姿勢ゲット ゴロ寝中に姿勢改善!ちょっとの工夫で美姿勢ゲット
画像出典: fotolia

ゴロ寝中に姿勢改善!ちょっとの工夫で美姿勢ゲット

2018年10月14日
お仕事中やスマホを操作している時など、知らず知らずのうちに背中を丸めていませんか?この背中を丸めた姿勢、実は自分で思っているよりもすっかりクセになっており、修正するにも中々ガンコで手強い……!今回は寝る前にササッと出来る姿勢改善のエクササイズを紹介致します。ぜひお試しください。

まずは自分の姿勢のチェック!

まずはご自分の姿勢がどうなっているか、確認をしてみましょう。チェックは、二人一組で行うか、全身が見える鏡で行ってみましょう。他の人の姿勢をチェックする場合は、プライバシーに十分に配慮して行ってくださいね。

身体を横から見た状態で、耳たぶ、肩の突起、大腿骨の付け根にある外側の突起、膝関節の前方、外くるぶしが垂直線上に並ぶか確認をしてみましょう。理想的な姿勢は、背中が緩やかなS字のカーブを描きます。自然にこの姿勢が取れることが大切です。

今回はゴロ寝しながらでも姿勢を改善できる、楽チンで便利なエクササイズを紹介致しますよ。ぜひ試してみてくださいね。

姿勢
画像出典: 美LAB.

ゴロ寝で美姿勢を作ってみましょう!

写真では柔らかいトレーニング用のボールを使用しておりますが、バスタオルを丸めたものや、ストレッチポールなどを使用していただいても構いません。

それを背中の真ん中にセットして、その上にそっと仰向けで寝ます。お腹に力を入れて、腰を押し付けるようにしてください。下半身は最初は膝を曲げた状態で行います。

胸を広げるようにストレッチの姿勢をとります。このとき、背中側では肩甲骨が内側に寄せられ内転位になっているようにし、手のひらを上にして胸郭を広げ、胸が十分に伸びるようにします。首や背中が反りすぎて、負担が掛からないように気をつけながら行いましょう。

膝を伸ばしても痛みなど問題がない場合には、足をまっすぐに伸ばして試してみてください。この時には、首や背中だけではなく、腰の反りが過剰に出ないことも注意しながら行います。

深呼吸をしながら、90秒キープしましょう。このストレッチでは、胸だけでなく、肩甲骨、胸椎、腰椎、骨盤などのストレスを緩和し、お腹の引き締めも行うことが出来ます。終わったあとは、身体が軽くなり、血の巡りが良くなっていることが感じられます。鏡に映る姿勢も確認してみてください。背筋が伸びていたら大成功です!

動作中は肩や首を動かさず、腕だけを動かしましょう。勢いがついて、肩や首まで動かしてしまうと、逆に全身の筋肉を緊張させてしまう場合があります。リラックスした状態で、腕だけをゆっくりと動かしましょう。

エクササイズ
画像出典: 美LAB. 

身体の軸も意識して行いましょう。単純な腕の上げ下げの運動にならないよう、動作中、身体が一本の軸により安定された状態であることに集中しましょう。

動作の途中で、痛みや違和感を感じるようであれば、背中に当ててあるボールやタオルの位置をずらしたり、それらのサイズを小さくしてみてください。

それでも改善しない場合には、動きわ小さくしたり、また運動を中止するなど無理のない範囲で行ってみてください。

エクササイズ
画像出典: 美LAB.
執筆者:
伊藤 晃一

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい