食欲の秋から脱出!週末のプチ断食で痩せ体質になる方法。 食欲の秋から脱出!週末のプチ断食で痩せ体質になる方法。
画像出典: fotolia

食欲の秋をみるみる抑える!「痩せ体質」になる週末のプチ断食法

2018年09月20日
みなさん、こんにちは!美容鍼灸・整体師の横内稚乃です。栗やサツマイモ、リンゴなど秋限定のスイーツに心惹かれますよね♪しかしながら、食欲が止まらなくて体重が増えてきて焦ることはありませんか?というわけで、今回は週末のプチ断食で痩せ体質になる方法について伝授します。

◆秋に食欲が増す理由とは?

まず、秋になると日が短くなり、セロトニンという食欲をコントロールする脳内物質が減少傾向になることが、食べ過ぎる要因の一つと考えられます。

また、気温が少しずつ低下し涼しくなるにつれ、脂肪を燃やし体温を保とうとする生命維持機能が働き、基礎代謝が上がりやすいのです。

ところが、カロリーを消費することで、足りない栄養分が影響して空腹感が増ししやすくなります。また、収穫の秋で新米やイモ類など旬の食材が豊富で、食べ物の誘惑が増加するのも食欲増加に加担しやすいのですよ。

秋,食べ物
画像出典: fotolia

◆食欲をみるみる抑えるダイエット習慣

秋もスリムボディを保ちましょうね♪

1.キノコ類やゴボウなどの水溶性食物繊維が豊富な食材を食べましょう。
水溶性食物繊維が含まれていると、水分を吸収することで膨らみ、満腹感が得られやすくなりますよ。また、キノコやゴボウを炊き込みご飯として食べることで、カサ増し効果が期待できて食べ過ぎを防ぎやすくなります。

2.カツオだしのみそ汁を摂取しましょう。
カツオなどの魚類が原料のだしには、食欲を抑える効果が期待できるヒスタミンの生産の補助をしやすく、脂肪分解を促進へと導けます。

3.食後すぐに食器を洗いましょう。
テーブルに食べ残しがあったり、食器を置いたままだったりすると、食欲が刺激されやすいので早めに片づけてくださいね。冷蔵庫に食べ残しを保存し、食器を棚へ戻し、視界から食べ物を消すことで食べたい欲求が抑えられやすくなりますよ。

食器,片付け
画像出典: fotolia

◆食欲の秋から脱出!週末のプチ断食で痩せ体質になる方法

秋の連休中に行うことで無理なく実践しやすいです。まず、断食の目的は、24時間フル稼働の胃腸を休めることだと考えられます。数日間、胃腸に固形の食べ物を入れないことで内臓機能を活性化しやすくなります。

1.プチ断食の前日から、食事量を減らしましょう。
可能であれば、通常の食事量の半分に減らすのがオススメです。どうしても小腹が空いて耐えられない場合は、ドライフルーツをよく噛んで食べることで満腹感が得られやすくなりますよ。ドライフルーツは食物繊維が豊富なので便秘解消効果も期待できますよ。

2.プチ断食初日は、朝、昼を軽めに食べ、夜ご飯に野菜ジュースやスープを飲みましょう。
徐々に食事量を減らすことで、空腹に慣れる傾向がありますよ。2日目は極力固形のものを摂らずに、飲むヨーグルトやフルーツドリンクなどで栄養分を補ってくださいね。

また激しい運動は避け、ゆっくり散歩するなど適度に身体を動かすことで、基礎代謝が上がりやすくなりますよ。

散歩
画像出典: fotolia

3.プチ断食最終日の朝、昼はジュースで済ませ、夕食におかゆなどを食べましょう。
プチ断食後にいきなりドカ食いすると胃腸が荒れやすいので、おかゆなど消化に良いものを摂取してくださいね。胃腸の働きを促進へと導き、通常の食事量に戻した時もカロリーを消費しやすくなりますよ。

予定の少ない連休を活用して、痩せボディになりましょうね!

執筆者:
横内 稚乃

LINE@で美LAB.を

友だち追加数