プリッとあがったお尻に♡ポイント2つ プリッとあがったお尻に♡ポイント2つ
画像出典: fotolia

プリッとあがったお尻に♡ヒップアップできる効果的な方法2つ!

2018年09月18日
ヒップアップや美尻を専門にしたトレーニングジムができたり、お尻の美しさを競うコンテストも開催されたりと、なにかと話題のお尻。プリっと上がったお尻はやっぱり憧れますよね。今回はこの「プリっと上がったお尻」を作るポイントを2つご紹介したいと思います。

ポイント1. トレーニング

どんな人でも、お尻には皮下脂肪がついています。お尻の筋肉が弱くなり張りがなくなると、この脂肪やお肉が下がり、お尻と太ももの境目がないのっぺりしたような、四角いドテっとしたようなお尻になってしまいます。まずはお尻を持ち上げる為のトレーニングをしていきましょう。

【スタティックランジ】
1:足幅を肩幅くらいにして立つ(脚の付け根・膝・つま先がまっすぐになるように)
2:片足を大きく前にひらいてスタートポジションをつくる(歩幅の1.5倍を目安に)

トレーニング,お尻
画像出典: 美LAB.

3:お腹に力を入れて背筋をまっすぐに伸ばしたまま膝を曲げ重心を下ろす(前の膝90度を目安に)
4:膝を伸ばしカラダを起こしてスタートポジションに戻る

◉2~4を15~20回繰り返したら、前後の脚を入れ替えて2~3セット行う
(あくまでも目安ですので無理のないように)

トレーニング,お尻
画像出典: 美LAB.

ポイント2. 姿勢

お尻を鍛えることと併せて大切なことは、姿勢に気をつけることです。腰を丸めず、骨盤を立てた姿勢を意識します。

骨盤を立てる重要な筋肉は大腰筋という筋肉ですが、欧米人や黒人は日本人の2~3倍太いといわれています。確かに、日本人に比べて姿勢が良くお尻がプリっとしているイメージありますよね・・・。トレーニングなんて縁のなさそうなちょっと太めのおばちゃんでも。

つまりトレーニングだけ頑張るのではなく、大腰筋を働かせて骨盤を立てた普段からの良い姿勢が大切だということです。

○骨盤が立っている良い姿勢

姿勢
画像出典: 美LAB.

×骨盤の立っていない腰の丸まった姿勢

姿勢
画像出典: 美LAB.

おわりに

お尻だけでなく、お腹や脚にも効くトレーニングです。バランスをとりながら丁寧に行ってみてください。トレーニングと姿勢の意識でプリっと上がったお尻を目指しましょう。

執筆者:
関野 さくら

LINE@で美LAB.を

友だち追加数