夏バテしやすい体を作ってしまうNG行動3つ~食事編~ 夏バテしやすい体を作ってしまうNG行動3つ~食事編~
画像出典: fotolia

夏バテしやすい体を作ってしまうNG行動3つ~食事編~

2018年08月06日
こんにちは。薬膳ライフバランスプランナーの倉口です。毎日本当に暑くばててしまいますよね・・・。でも、何気ない普段の行動を変えてみて少しでも夏バテを軽くできたら・・・と思いませんか?今回は夏バテしやすい体を作ってしまうNG行動を3つあげてみました。今回はお食事編です。

【NG行動1】麺類・パンばかりを食べている

暑いと口当たりがいい物を欲してしまいお素麵や、うどん、パスタなどが食卓にのぼる率が高いと思います。食欲がないときも食べやすいので、暑い夏には欠かせない存在ですよね。また、暑くて料理をしたくないときのパンはとても助かるので、パン食の方も多いのではないかと思います。

しかし、麺類やパンばかり食べていると体の生命エネルギーである「気」を補うことができません

気を補うためには、補気してくれる食材のお米をメインにしてあげると夏バテをしない体を作ることができると考えています。毎回は難しくても、せめて一日一回はごはんを食べて気を補いましょう!

米
画像出典: fotolia

【NG行動2】生もの・加熱しない食材ばかりに偏っている

夏は暑いので加熱しないでお野菜も食べたくなりますが、本当は火を通して食べて欲しいところ。何故かと言うと・・・

冷たいものばかり食べると胃腸系システムが弱ってしまいかねません。弱ってしまうと食べたものを栄養に変えて、全身に届けるパワーが落ちてしまいますし、食欲不振が出やすくなってしまう可能性があります。

毎回は難しくても野菜も加熱して頂くことも意識してみましょう!トマトもスープにしてラタトゥイユにしたり、きゅうりも炒めたりしても意外と美味しいのでぜひお試しあれ!

お刺身などの生ものも同様胃腸系システムを冷やしてしまうので、頂くのであれば一緒に身体を温めるスープを飲んだり、温かい飲み物と頂くなど冷たいものばかりを口にすることがないように気を付けましょう!

スープ
画像出典: fotolia

【NG行動3】冷たい飲み物・食べ物ばかり食べている

□冷たいビール・カクテル
□かき氷
□アイスコーヒー
□ジュース
□冷たい麺


ご自身の食生活を振り返ってみると、このチェックにあてはまることを沢山していませんか?暑いのでお気持ちは本当によ~くわかります。でも、2でも書いたように、毎日こんな生活では胃腸系システムが冷え切ってしまいます。全く食べないで!とはもちろん言いません。夏の冷たいものは美味しいですもんね。でも「冷たいものが続くことがないように」を心がけて欲しいのです。

「こんな暑い中熱いものを食べるなんてやだ!」と思うかもしれませんが、その行動が自分自身を苦しめてしまうので、大切な自分の体を守ってあげると考えて食事を考えてみてくださいね。

執筆者:
倉口 ゆうみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数