もてなし下手が原因?婚活で異性に出会っても恋愛に発展しない理由 もてなし下手が原因?婚活で異性に出会っても恋愛に発展しない理由
画像出典: fotolia

“もてなし下手”が原因?婚活で出会っても恋愛に発展しない理由

2018年05月19日
素敵な出会いを求めて、婚活を始めるもなんだか上手くいかない…。そう感じたことはありませんか?オシャレもして、可愛くするための努力をしているのに、良いと思う男性はいないし、いてもタイミングが合わず、ご縁が繋がらない。それってもしかすると、“もてなし下手”が原因かも!?

婚活はトキメキが起こりにくい場所

これまでの恋愛は、相手に対する「好き」という気持ちが強いか、相手からの強い好意をもらって徐々に好きになっていくか…。そのどちらかだったのではないでしょうか。しかし、結婚をするための活動、婚活においてはお互いに「好き」という感情を最初から持つことはできません

だって、一回や二回ご飯に行ったくらいで好きになるかなんて、誰もわかりませんよね。よほど顔が好みのタイプでなければ、すぐに気持ちが盛り上がることはできません。それは男性側も同じなのです。なのでお互い、心のどこかで「とりあえずご飯に行ってみたけど、なんかなぁ~」という違和感を持ちながらデートを繰り返していくようになります。

そうなると自然と相手に対して「お店選びのチョイスが下手」「この人の理屈っぽいところが微妙」というように、彼の特徴をマイナス要素として捉えてしまうようになり、恋愛する気持ちが芽生えなくなっていくのです。

トキメキが起こりにくい
画像出典: fotolia

デートそのものを楽しむ心構えを持つ

婚活をする上で、もし先にお伝えしたような感情になった方は、少し視点を変えて相手と接してみることをオススメします。それが、出会いそのものを楽しむという心構え。せっかく縁あって出会った人なのだから、魅力的な人であろうがなかろうが、この時間を思い切り楽しもう!という前向きな気持ちで、相手をもてなすように接するのです。

例えば、相手の方のお店選びが失敗したら「こういうお店もたまにはいいよね!2軒目は、私に任せてね」と言って、逆にエスコートをしてあげるなど…。サービス精神旺盛に、相手と自分の気持ちを盛り上げて行くことで、次第にデートそのものが楽しくなっていきます

相手と付き合う・付き合わない、このデートに意味がある・ないを考えるのは二の次で、一緒にいる時間をどれだけ楽しく過ごせるかに注力すると、自然と相手に対する見方もポジティブに変化して行くようになります。

デートそのものを楽しむ
画像出典: fotolia

無理に気持ちを押さえ込まない

何度デートを繰り返しても、楽しむ気持ちを持っても「やっぱり合わないなぁ~」と思うこともあります。それは気持ちの問題なので仕方ありません。ご飯を食べにいきたい!という気持ちすら芽生えなくなったら、その関係はそこで終了させましょう。そして、次の男性とのデートへ♡

前向きな気持ちで婚活に臨み、相手とのデートを全力で楽しむ努力ができれば、自ずとベストなタイミングで運命の人に出会えるはずです。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数