【レシピつき】栄養価の優等生・卵を食べてつるつるお肌に! 【レシピつき】栄養価の優等生・卵を食べてつるつるお肌に!
画像出典: fotolia

【レシピつき】栄養価の優等生♡「卵」を食べてつるつるお肌に!

2017年12月05日
茹でても、焼いても、炒めても、生でも美味しい卵。家の冷蔵庫に必ず入っている、という方が多いですよね。いつでも手に入り、身近な食材ですが、女性に嬉しい美容成分が詰まった食材なのですよ!普段の食事にいろいろな食べ方で取り入れて、飽きずに食べて頂きたいです。

アミノ酸スコアは100点!

筋肉や血液・骨・髪・皮膚など、私たちの体を作っているタンパク質。そのタンパク質を作っているのが20種類のアミノ酸です。

人間の体内で合成できないために、食事から必要量をとらなければならないアミノ酸が9種類あります。これらを「必須アミノ酸」と呼びます。卵にはこの必須アミノ酸が量も質もバランスよく含まれているのです。タンパク質の栄養価を科学的に示す数値としてのアミノ酸スコアはなんと100点!まさに「栄養価の優等生」。

美肌作りにはタンパク質の摂取が大事!卵はそれにピッタリの食材と言えます。

卵
画像出典: fotolia

食べるドレッシングにしてみましょう。

サラダに入れたり、そのまま食べたり、ラーメンに乗せたりするゆで卵。今回はドレッシングに入れてみます。ボリュームもアップし、食べるドレッシングになります。

生野菜、ゆで野菜、焼き野菜、鶏肉や豚肉のソテー、から揚げなどにも合いますので、お好みの食べ方で楽しんでみてください。

「ゆで卵ドレッシング」のレシピを紹介します。

ゆで卵ドレッシング
画像出典: fotolia

<材料(2人分)>
ゆで卵(固ゆで) 1個
オリーブオイル   大さじ1.5
酢         大さじ1
塩         適量
こしょう      適量
パセリ       適量

<作り方>
1、ゆで卵とパセリをみじん切りにする。
2、1とオリーブオイル、酢をよく混ぜあわせ、塩・こしょうで味を調える。

ゆで卵の固さはお好みでOKです。ぜひ作ってみてくださいね。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数