座ったままくびれゲット!ねじるだけの簡単エクササイズ 座ったままくびれゲット!ねじるだけの簡単エクササイズ
画像出典: fotolia

座ったまま「くびれ」GET!ねじるだけの簡単エクササイズ

2017年09月06日
こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。キュッとしまったウエストのくびれは憧れですよね。そんな憧れのくびれを座ったまま作れる!?座っているときにちょっとだけねじって、気が付いたらくびれができていた!という嬉しい簡単エクササイズのご紹介です。

1.あぐらまたは椅子に座ります

あぐらで座り、両肘を曲げて、頭の後ろに両手をセットします。(椅子に座った姿勢でもOKです)

両肘が両肩よりも内側に入り、背中が丸まらないように、曲げた両肘はできるだけ外に開きます。

骨盤はニュートラルポジション。頭が上からつられているようなイメージで背骨を引き伸ばします。肋骨が外に開かないように気をつけましょう。

あぐらまたは椅子に座る
画像出典: 美LAB.

2.上半身を右にねじります

息を吸って、吐きながら上半身を右にねじります。おへその上から順番にねじっていきましょう。息を吸って元の位置に戻ります。

上半身を右にねじる
画像出典: 美LAB.

3.上半身を左にねじります

息を吐きながら、上半身を左にねじります。息を吸って元の位置に戻ります。

ここまでで1セット。ゆっくり10セット行います。

同様に、スタートポジションで息を吸って、吐きながら右、左と連続して10回左右にねじります。

上半身を左にねじる
画像出典: 美LAB.

4.注意点

左右にねじるときは、おへその上から順番におへそ⇒胸⇒肩⇒顔の順番でねじります。肘や頭だけをねじってもウエストには効果はないので、しっかりおへその上からねじりましょう

右にねじった時は右のお尻の上、左にねじった時は左のお尻の上に体重が乗っています。

ねじった時に、背骨の軸が倒れないように気をつけましょう(下の画像は右にねじった時に、背骨が左に倒れています)。

背骨が左に倒れている様子
画像出典: 美LAB.

ねじっていると、両肘がだんだん内側に入ってきて、背中が丸くなってきますので、両肘は外に開き、背骨を引き伸ばしたまま、ねじるようにします。

数は少なくてもよいので、丁寧にしっかりねじりましょう。

執筆者:
太田 律子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい