いつまでもスッキリボディでありたい!健康的なボディラインをキープする方法 いつまでもスッキリボディでありたい!健康的なボディラインをキープする方法
画像出典: fotolia

アラサーでも魅力的なボディでありたい。体型をキープする方法4つ

2017年08月25日
20代の頃に比べて30代は大人の女性な身体つきになり、少しふっくらと魅力的なボディラインになりますよね。20代の頃は「細ければ良い」、「体重重視でしょ!」といったことが多かった反面、女性ホルモンのバランスに伴い、少し丸みが出てくる30代。油断すると一気にオバさん体型へと変化してしまいます。今、現在の体型をある程度キープするためにも、日常から気をつけておくべきことを、エステティシャンの筆者がご紹介します。

■食事はバランスよくヘルシーに

若い頃のように、食べる量を極端に減らしたり、カロリーをカットするのはもう違います。

赤身肉や鶏肉、お魚、卵や豆類、タンパク質や旬のお野菜、フルーツといった栄養バランスの取れた食事を意識することがポイントです。

良質なタンパク質を取り入れることで筋肉を作る源となり、脂質を取り入れることで身体を動かすためのエネルギーとなります。程よく筋肉があり、肌ツヤも良好であることこそが、身体の内側も外側も健康的な証拠です。

食事バランスのイメージ
画像出典: fotolia

■入浴で身体をしっかりと温める

つい簡単に済ませようとシャワーだけになっていませんか?女性は男性に比べて筋肉量が少なく、脂肪がつきやすく、夏でも冬でも身体は冷えやすいですよね。

入浴で身体を温めることで血流をアップし、くすみや疲労もリセットされます。汗を出すことで身体に蓄積する老廃物を出すことで、むくみを解消するなどの効果もあります。なので、できるだけ入浴して、身体を温めるように意識しましょう。

■運動を取り入れる

ウォーキングやジョギングで身体を動かして運動したり、ストレッチやマッサージなどをするも良し、ジムなどで筋肉トレーニングをするなどして、身体を引き締めておくこともポイント。

筋肉を動かすことで全身の運動量が増え、筋肉が強く太くなり、代謝量がアップします。いつまでもボディラインを崩さないためには抑えるべきポイントです。

運動のイメージ
画像出典: fotolia

■姿勢をまっすぐ意識する

スタイルキープしていて、つい目が行ってしまう女性に共通していることは姿勢がキレイであること。背筋がピンと伸びていて、肩がシュッと開いていて、お腹をキュッと引き締めた立ち姿や座っている姿。

いくらファッションやメイクが完璧でスタイルが良くても、姿勢や所作がだらしないだけで品格が下がってしまいます。常に誰かに見られているような意識をしておくことも大切ですね。

スッキリと健康的なボディラインに

このように、何歳になってもスッキリと健康的なボディラインをキープするためには食事や運動はもちろんのこと、姿勢やライフスタイルも一緒に意識することがポイントです。

これらを意識してボディラインを作り、キープしてみませんか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数