重力に負けていませんか?リフトアップエクササイズ 重力に負けていませんか?リフトアップエクササイズ
画像出典: fotolia

お尻やお腹がたるむ!重力に負けない「リフトアップ」エクササイズ

2017年08月14日
こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。年齢とともに気になり始める、体のあちこちのたるみ。皮膚のたるみのようでもありますが、筋肉が落ちることで重力に逆らう力が弱くなり、たるんでしまうことがよくあります。逆に言えば、筋肉を意識して使えばリフトアップも可能ということ。今回は、重力に負けない身体をつくるリフトアップエクササイズをご紹介致します。

重力に負けた姿勢・動きとは?

私達が無意識に何気なく取っている姿勢や動き方で、たるみの進行具合が分かることがあります。

□スマホを長時間見て下を向いていることが多くありませんか?
□電車の中などで、つり革や手すりなどにつかまったり、寄りかかったりしないと心もとなくありませんか?
□靴の裏のすり減りが早く、引きずるように音がする歩き方ではありませんか?
□膝がやや曲がったまま歩いていたり、つまずいたりしませんか?

これらは、重力に逆らって姿勢をまっすぐ保つ「抗重力筋」が弱くなってきているサインです。姿勢をまっすぐ保つ筋肉を鍛えて、リフトアップをしてみましょう。

姿勢が悪いイメージ
画像出典: 美LAB.

床を押して立つ

私達は当たり前のように地面に立っていますが、地面を足で押す力の反力をもらうことで、まっすぐ上向きに立つことができます。

足裏で力強く地面を押してみましょう。膝が伸び、ヒップが持ち上がり、下腹にも力が入るのが感じられるでしょうか。

床を押して立つイメージ
画像出典: 美LAB.

片足立ちをする

片足立ちをすると、自然と骨盤周りを安定させる筋肉が使われます。ヒップアップ、お腹やももの引き締めにも役立ちます。

片足立ちをするイメージ
画像出典: 美LAB.

つま先立ちをする

つま先立ちをするのも、グラグラする中で全身のバランスを取ろうとして、お腹周りの筋肉を無意識のうちに使います。

もちろんふくらはぎも使うので、メリハリある脚づくりにも役立ちます。

つま先立ちをする
画像出典: 美LAB.

お腹や首を伸ばす

背骨を上下に伸ばす、つまりお腹や首を上下にすっきりと伸ばしてみると、ウエストのくびれづくり、肩こり解消に役立ちます。

縮めたりゆるめたりつぶしたりすることは、くびれの敵です。

おわりに

いかがでしたか?普段何気なく取っている姿勢も、意図を持って意識的に行えば、効果を狙ったエクササイズになります。どうぞ参考になさって下さいね。

執筆者:
美宅 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数