【いくらヘルシーでもダメ】ダイエット中あるある!こんな食べ過ぎに要注意 【いくらヘルシーでもダメ】ダイエット中あるある!こんな食べ過ぎに要注意
画像出典: fotolia

【いくらヘルシーでもダメ】ダイエット中あるある。こんな食べ過ぎに要注意!

2017年01月19日
こんにちは、コラムニストの愛子です! ダイエットに励むあまり、ハマってしまいがちな落とし穴。それがヘルシー食材の食べ過ぎです。今回は、食べ過ぎによるリスクと、食べ過ぎを防ぐコツをご紹介します。

こんなものを食べ過ぎ、飲み過ぎてはいませんか・・・?

・サラダ
・寒天系デザート
・カロリーゼロの炭酸飲料
・糖類ゼロのお菓子 etc.


ヘルシーだから、カロリーが低いから、いくら食べても太らないだろうと、ダイエット中は上記のようなものをつい食べ過ぎてしまいがち。ストイックに食事制限をしていると、通常時より食欲が増すことがあります。それを紛らわせようと、太りにくそうな食べ物や飲み物を、大量に胃につめこんでしまう人がとても多いです。

しかし、いくら低カロリー、低糖質なものでも食べ過ぎるとたくさんのリスクがあります

糖質ゼロのイメージ
画像出典: fotolia

低カロリーなものでも食べ過ぎるとこんなリスクが!

・胃腸に負担がかかる
・生野菜や寒天を食べ過ぎると体が冷える
・心が満たされないので、いくら食べても食欲がおさまらない


どんな食べ物でも、消化能力を超えて食べるのはよくありません。胃腸に負担がかかると、肌荒やイライラを引き起こすことがあり、酷いときには胃腸炎などの病気になってしまいます。また、いくらヘルシーな野菜や寒天でも、食べ過ぎると体を冷やすことがあり、ダイエットの妨げになってしまうことも……。

そしてもう1つ重要なのが、いくら食べても心が満たされないという点です。胃袋はもういっぱいなのに、食べたい欲求がいつまでも消えないことはありませんか? それは本当に食べたいものをガマンしているからなのです。

食べても満たされないイメージ
画像出典: fotolia

それじゃあどうすればいいの?

そうは言っても、本当に食べたい物ばかり食べていたら、ダイエットなんて出来ないと思われるかもしれませんね。たしかに、暴飲暴食していては痩せることは出来ません。しかし「本当に食べたい物」を見極められるようになれば、食べ過ぎることなく適度な量で満足できるようになります。

【そのためのコツは・・・】
・無性に食べたくなったものを食べる
目にしたワケでも匂いを嗅いだワケでもないのに、ふっとある食べ物が頭に浮かび、無性に食べたくなる瞬間はありませんか? そういうときは、体からのサインだと思って、高カロリーなものでもガマンせず食べてみましょう。本当にそのとき欲しているものなら「最高に美味しい」と感じるはず。

また一口食べてから、「思ったより美味しく感じない、食べたいのはコレじゃなかったかも?」と気づくこともあります。そんな時はもったいながらず食べるのをすぐ止めてください。「食べたい」「食べたくない」に忠実になることで、健全な食欲が蘇り、ムダな食欲が消えていきます。

食べたいときに食べるイメージ
画像出典: fotolia

・食べるときは、罪悪感を持たず、しっかり味わって食事を楽しむ
せっかく食べたい物を口にしても、罪悪感を持っていると心は満たされません。食べるときは思い切り食事を楽しみましょう。すると「コレ食べたら太るかな~」などと不安に感じながら食べていたときより、ずっと少量で満足できるようになりますよ。

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数