ゲッ、傷んだ髪でオバサン度アップ!効果的なレスキュー法とは ゲッ、傷んだ髪でオバサン度アップ!効果的なレスキュー法とは
画像出典:

ゲッ、傷んだ髪でオバサン度アップ!効果的なレスキュー法とは

2017年03月26日

単純に「老化」といっても、顔や体型だけに表れるわけではありません。老化は、顔や体型以外に髪にも出るのです。薄毛や抜け毛による全体的なボリュームダウンを皮切りに、白髪も出てくるので白髪染めも必要になってきます。

傷んだ髪が見た目年齢を上げる

髪に艶があり綺麗にまとめている人は、それだけでも若々しく見えます。逆にろくに髪の手入れもせず、バサバサと艶もなく見た目にも傷んでいるのが明らかな人は、実年齢よりも老けて見えてしまいます。男性から見ても傷んだ髪は、あまり良い印象ではないようです。まずは髪の毛を元気にさせる・艶を出させることが先決でしょう。

髪へのダメージを減らす

髪のダメージとして「白髪染めが」が原因になることも多いのですが、シャンプーやトリートメントに含まれるシリコンや合成界面活性剤が原因となることもあります。また、頭皮ケアを怠ってしまうこともダメージヘアに繋がります。白髪染めを使っている人は白髪染めを止められると良いのですが、そういうわけにもいかないので、白髪染めにはできるだけ刺激の少ない髪に優しい物を選ぶとよいでしょう。

自宅で行うヘアケア

自宅でもヘアケアは可能です。頭皮環境の悪化は髪にも影響が出るので、定期的にスカルプケアをして毛穴の詰まりを解消させます。シャンプーの時に頭皮マッサージをプラスすれば、頭皮の血行が促進されるので頭皮環境の改善にも役立ちます。普段はコンディショナーを使っている人も、定期的にトリートメントやヘアパックを使い髪に栄養を与えてあげましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数