小顔はつくれる!顔を小さく見せるための小物術&ファッション術 小顔はつくれる!顔を小さく見せるための小物術&ファッション術
画像出典:

小顔はつくれる!顔を小さく見せるための小物術&ファッション術

2017年12月01日

「少しでも顔が小さくなりたい」とダイエットやケアに励んでも、一朝一夕で叶わないのが現実。でも、ファッションや小物を工夫するだけで「小顔に見せる」ことは可能なんです!

顔を小さく見せるための小物術

実用的でありながら、ファッションアイテムとしても重宝するメガネ&サングラス。使い方次第で顔の見え方にも一定の効果が期待できるので、利用しない手はありません。

ポイントとなるのはフレーム。顔が大きく見える人や丸顔の人は、ラウンド型やオーバル型を着用するとより顔のサイズが強調されてしまうので避けたほうが無難。引締め効果のあるスクエア型やウェリントン型のフレームがオススメです。

小顔効果〇【スクエア型】
四角形のフレーム。シャープで知的なイメージで高い引締め効果が期待できます。

小顔効果〇【ウェリントン型】
丸みを帯びた四角形。インテリ感漂う落ち着いた雰囲気が特長です。

小顔効果×【ラウンド型】
まん丸に近い丸型のフレーム。ジョン・レノンが愛用してことで有名ですね。

小顔効果×【オーバル型】
卵を横にしたような形。クセのないデザインが老若男女を問わず人気です。

顔を小さく見せるファッション術

小顔の演出には、服装選びも重要です。趣味や流行を取り入れつつ、小顔に見せるアイテムも上手に取り入れましょう!

デザイン
オススメは首元がVラインの服。鎖骨がキレイに見えて、顔をスッキリ見せることができます。同じ理由で、首から胸元が大きく開いたトップスやワンピースも小顔効果◎。逆に、首元をすっぽりと隠すタートルネックは顔の大きさを強調してしまうので、小物を使ったアレンジや工夫が重要です。

アクセサリー
ネックレスやピアスなどのアクセサリーを付けるのもオススメ。インパクトのある大き目のデザインであれば、視線をそちらに向けることができ、顔の大きさを目立たなくさせることができます。また、カチューシャや派手めのピンなど、ヘッドアクセで髪にインパクトを持たせるのも有効です。

まとめ

コンプレックスや欠点はどうしても無理に隠しがち。「顔が大きいから」とマフラーで隠そうとしても、不自然さからかえってサイズ感が強調されてしまうこともあります。

既存の方法にとらわれず、自分がもっとも小顔に見える方法を探してみましょう♪

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい