頑固なセルライトに効くマッサージ方法 頑固なセルライトに効くマッサージ方法

エステティシャン直伝!頑固なセルライトに効くマッサージ方法

2016.05.23 痩身/マッサージ
このエントリーをはてなブックマークに追加
短めのスカートやパンツを履きたくなる季節になってきました。脚の太さが気になって、いつもロングスカートやお尻の隠れる服装をしている方も、今からお伝えするマッサージをすれば、スッと長い脚に近づける可能性があります。今年の夏は、思い切って脚を出してみませんか?エステティシャン歴14年目の筆者が、実際お客様にアドバイスしているセルライトを改善する方法をお伝えします。

■セルライトってなんでできるの?

セルライトとは、いったい何なのか…。実は、脂肪細胞の周りに老廃物が付き固まったもの。脂肪細胞が大きくなったものではないのです。

痩せている人でもできるのは、脂肪の大きさには関係なく、むくみなどで老廃物が滞っていると脂肪細胞の周りについてしまうからです。また、セルライトがどんどん血行不良を起こすので、一度つくと簡単には落とせないのも特徴です。

セルライトのイメージ

なぜ、セルライトが血行不良を起こすのかというと、脂肪細胞や老廃物で肥大していったセルライトが、脂肪組織の中にある毛細血管を押しつぶしあうからです。そのため皮膚表面には、血液が通りにくくなり、冷えてたり、青い皮膚に見えることがあります。

■運動しても意味がない?

脂肪細胞は、運動をしてカロリー消費を行うと小さくなりますが、セルライトは、脂肪細胞ではないので、運動しても改善には関係が深くありません。運動により脂肪細胞が小さくなり、セルライトが感じられにくくなることがありますが、セルライトはあまり変化していないのです。

なぜなら、脂肪細胞の周りに固まっているのですから、脂肪細胞が小さくなっても、その塊がなくならないとセルライトがなくなったとは言えないということです。

走っても、水泳をしても、揺らしても、その程度ではセルライトは落ちません。サウナやサウナスーツで温めてもだめでしょう。では、どんなことをすればセルライトは落ちるのでしょうか。

■セルライトに効果的なマッサージ

セルライトは、何度もお伝えしていますが“脂肪細胞の周りに固まったもの”です。固まったものをなくすには、砕かなければなりません

マッサージのイメージ

(1)皮膚をこすらないようにオイルやクリームを多めに塗ります
(2)マッサージする部位を、しっかり揉み柔らかくします
(3)握りこぶしで、下から上に向かって、少し強めに痛みを感じるくらいの圧で滑らせます

10年以上前の痩身エステの中心は、このようなマッサージであざを作る技術でした。しかし、それでは組織が破壊されていることになるので、そこまで強く行う必要はありません

■生活習慣でセルライトを撃退する

普段の生活で、締め付けているものは取り外します。血行が悪いので悪化するセルライト。放っておくとどんどん肥大化していきます。

血液が体を巡りやすい生活習慣にすることが予防の近道!

1:下着のサイズが合っているものを選ぶ
2:パンツは少し余裕があるものを履く
3:大股で歩く
4:座りっぱなし、立ちっぱなしにならないよう、休憩を挟む
5:座りっぱなし、立ちっぱなしになるときは、ストレッチを行う
6:体の温まる食事をする

大股で歩くイメージ

日常生活では、常に血行をよくしておき、マッサージでセルライトを除去していきます。セルライトをなくすことは時間がかかりますが、ちょっとした効果はすぐに見られますよ!試してみてください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。美容学校を卒業後、エステティック及びヘアメイク・着付けを中心に教育と現場の仕…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる