顔がパッとしない!スキンケアをしながらむくみ、コリをほぐして血行促進法を伝授 顔がパッとしない!スキンケアをしながらむくみ、コリをほぐして血行促進法を伝授
画像出典: fotolia

顔のむくみ・コリに!グリグリほぐして気持ちい~い『血行促進法』

2018年09月01日
「なんだか顔がたるんできた‥」「メイクをしてもくすみが目立つ気がする‥」それらの原因は日々蓄積するむくみやコリ、血行不良による表情のたるみやくすみによって顔がパッとしない印象に見えているから。今回はエステティシャンである筆者がスキンケアをしながらむくみ、コリをほぐして血行促進法を伝授します。

■洗顔後、ホットタオルでお顔全体を温めて

洗顔後にお水で濡らして絞ったタオルをラップでぐるっと巻き、レンジで40秒ほど温めましょう。程よい温度に冷ましてからお顔全体を包み込むように乗せましょう。

日中の肩や首のコリからお顔の血行が悪くなっていたり、表情がこわばりで表情筋が凝っていることも。温かいタオルで温めながら硬く凝り固まった筋肉をほぐして血行促進を促しましょう。

■美容オイルやクリームでスキンケアをマッサージ

美容オイルは後に塗る化粧水の浸透を高めるためにもブースターの役割になるのでオススメ。保湿効果とマッサージの際に滑りを良くするためにオイルやクリームを使いましょう。

(1)頬骨をグッと押し上げてむくみリセット

手のひらの下半分を使いながら、頬骨の少し下のくぼみに当ててグッと3秒持ち上げて力を抜くを繰り返しおこないましょう。耳の付け根側にずらしながらグッと3秒持ち上げて力を抜くをおこないます。

顔がむくんでいたり、凝っていると少し痛く感じると思いますが、何度か繰り返すうちに、徐々にほぐれて痛みは減り、お顔がスッキリとします。

むくみ
画像出典: 美LAB.

(2)こぶしでフェイスラインをシャープに

指の第一関節から第二関節の間の骨と第二関節を使いながら、あごからフェイスラインにかけてグッと圧をかけるように押しましょう。少し手首を動かすと、コリの部分に当たりやすくなります。あごから耳の付け根まで少しずつずらして圧をかけてみましょう。

表情筋のコリや日中の歯の食いしばりなどで、筋肉が凝り固まっていることもあるので、丁寧にほぐしてフェイスラインのたるみ予防をおこないましょう。

スキンケア
画像出典: 美LAB.

(3)眉間、おでこ、こめかみをグリグリして血行促進

手のひらの下半分を使って眉間をグッと3秒押さえ、グリグリと円を描きます。眉間からおでこ、こめかみへとゆっくり移動して目から上の疲れや血行促進を促しましょう。

時間に余裕があればそのまま頭皮までグッと抑えて、グリグリと円を描いても良いです。凝り固まった表情筋をほぐしたり、むくみをリセットすることでお顔の印象がスッキリとするのでオススメです。

スキンケア
画像出典: fotolia

■化粧水とシートマスクでたっぷりと水分を与える

乾燥によってお肌に潤い感がないように見えたり、くすみが目立つこともあるのでコットンに、化粧水をたっぷり取りお顔全体に優しくなじませ、さらに2、3回化粧水を足して、化粧水の量をいつもより増やしましょう。

夏場は汗や皮脂、エアコンの風によって肌内部が乾燥していることも多いので、水分量を高めておくことはマスト。さらにシートマスクを活用して美容成分をお肌に与えることで、メラニンの蓄積を予防したり、事前に冷やしておきお肌のコンディションを整え、肌を引き締めるのにも良いですね。

朝のメイク前や1日の終わりに、お顔をマッサージしてむくみやコリをリセットしてパッと明るいお顔をキープしませんか?

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数