トレーニングゼロで小顔に!毎日の歯磨きで「ついで小顔ケア」 トレーニングゼロで小顔に!毎日の歯磨きで「ついで小顔ケア」

トレーニングゼロで小顔に!毎日の歯磨きで「ついで小顔ケア」

2016.02.11 小顔/運動・トレーニング
このエントリーをはてなブックマークに追加
小顔を実現するためのエクササイズ法やマッサージ法はたくさん知っているけれど「実践できない」「続けられない」から変われない、という人も多いのではないでしょうか。顔の筋肉を大きく動かして引き締めるためには、顔の筋肉を“使う”ことが大切。いつもの動作をトレーニングに変えてしまいましょう。

歯磨きを「笑顔」で

表情筋は、顔の表情を変えることで刺激され、鍛えられます。「あ、い、う、え、お」と大きく口を開けて、表情筋を動かすトレーニング・・・をしなくても、思いっきり笑顔になる(大きく口を開く)ことや、口をすぼめることで、顔の筋肉を動かすことが可能です。たとえば、“歯磨き”は口を大きく動かすチャンス。これを小顔トレーニングに変えてしまいましょう!

・笑顔で磨く
歯ブラシが入る程度、口を小さく開いて歯磨きではなく、口角をキュッと上げて笑顔の表情で歯を磨きましょう。たったこれだけで、歯を磨く2〜3分を、表情筋を鍛えるトレーニングに変えることが可能です。

歯磨き小顔トレーニングのイメージ

・口をゆすぐときは、“おもいっきり”
「クチュクチュ、ペ」と口ゆすぐ動作も、小顔トレーニングに変更可能。クチュクチュ、と口内をゆすいでいる間は、多めに水を含んで内側から頰を押すように、強めにゆすぎます。ほうれい線予防効果や顔の筋肉を刺激して鍛える効果が期待できます。

また、ゆすいだ水を出す際にはおもいっきり口をすぼめましょう。普段の生活では、笑ったり、話したりして口を開く動作をおこなえますが、すぼめる動作をすることは少ないですよね。すぼめることも、顔の筋肉を鍛えるのに重要な動きです。「クチュクチュ」の動作も、「ペ」の動作もおもいっきりおこなうことで、小顔効果が期待できますよ。

歯磨き小顔トレーニングのイメージ

毎日の歯磨きを小顔トレーニングに変えるだけで、1回2~3分、1日2~3回のトレーニングを実行することが可能。「難しくてできない」「続けられない」を同時に克服することができます。とっても簡単なので、ぜひ、次の歯磨きタイムから実践してみてくださいね。

歯磨き小顔トレーニングのイメージ
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる