足のむくみと冷え性に!セルフマッサージ③足裏編 足のむくみと冷え性に!セルフマッサージ③足裏編

【動画あり】足のむくみと冷え性に!セルフマッサージ-足裏編-

2016.01.25 エイジングケア/マッサージ
このエントリーをはてなブックマークに追加
第一回、第二回に引き続き、ジャイロキネシスの定番メニューの中から、足のマッサージを紹介します。最終回は、足裏。足裏マッサージ屋さんに行かなくても、セルフマッサージで足裏を柔らかくできますよ。

足裏を柔らかくするメリット

足裏は、全身の体重を支える土台=姿勢の土台です。全身とつながっているので、柔らかくほぐすと、次のような効果があります。

1. 全身のコリがとれる

体が硬くてストレッチが苦手な方は、まずは足裏を柔らかくすることを始めましょう。

2. 全身の歪み予防
足裏が固まっていると、足裏の筋肉が効果的に使えず、土台でのバランスが悪くなり、上に乗っている体が歪みます

3. 血行促進、むくみ予防
足裏のつぼは、内臓や神経とつながっており、健康や美容に大きく影響します

▶▶▶【実践動画】 では足裏を柔らかくしましょう!

〈準備〉
椅子に座る(または床で長座して行ってもOKです)
右足を曲げて左ももに乗せる

〈方法〉
1. 右足の足先をぐいっと左手で反らして、足裏全体を広げる。
2. グーにした右手で、足裏の縦の筋に沿うように、かかとから足先に向かって、ぐりーっと足裏をしごいていく。(何度も繰り返す)
ポイント
●息を口でふーっと吐きながらしごく。 
●自分の体重をかけながら、コブシに力をこめて思い切りしごく(痛気持ちいくらい)。

3. 右足が柔らかくなったところで、床に両足をおき、右足と左足の足裏の感覚の違いを感じてみましょう。右足の方が、じわーっと目覚めた感覚があるかと思います。

4. 左右の足を組みかえて、左の足裏も同様にしごいていく。

いかがでしたか?

ジャイロキネシスの準備運動である「セルフマッサージ」は、「Awakening(目覚めさせる)」と呼ばれ、全身の神経や筋肉に隅々まで働きかけ、血行を良くし、身体感覚を呼び起こすことが目的です。

ジャイロキネシスのイメージ

レッスンでは20分ほどかけて、じっくりとマッサージをしてから、背骨の運動をしていきます。今回のシリーズは足先の部分だけでしたが、別の機会に他のメニューを紹介しますね。お楽しみに♪

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

5歳でバレエを始める。津田塾大学卒業後、三菱UFJ信託銀行入社。丸の内の大手証券会社勤務中に、仕事の緊張とストレスから椎…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる