やりがちだけど絶対にやめて!恋愛運を下げるひとり時間の習慣とは? やりがちだけど絶対にやめて!恋愛運を下げるひとり時間の習慣とは?
画像出典: fotolia

恋愛運を下げる!その『ひとり時間の過ごし方』、今すぐやめて!

2018年10月16日
仕事からの帰宅後や予定の入っていない休日など、ゆっくりと自分だけの時間を満喫できるひとり時間は、ストレス社会を生き抜くうえで必要な瞬間。しかし、そのひとり時間の過ごし方次第では、あなたの恋愛運がぐっと下がる可能性もあるのです。

SNSにどっぷりとつかる

いまや多くの人にとって欠かせないツールとなったSNSは、手軽にコミュニケーションをとれる便利さを持つ反面、没頭しすぎることで時間を無駄にしてしまう場合も。

もし、ひとり時間ができるとついSNSを開き、何時間も夢中になってしまうようであれば、今すぐその習慣をやめるようにしましょう。SNSにどっぷりつかり、頻繁に投稿を繰り返してしまう様子を見せると、周りの男性からも依存体質であると疑われてしまいます。

また、SNS投稿で自分の生活や考えをさらけだしすぎてしまうと、男性の知りたい欲を失わせてしまうため、知らず知らずのうちに恋愛のチャンスを逃してしまう可能性もあるのです。

スマホ
画像出典: fotolia

一日の嫌な出来事を何度も思い出す

仕事や人間関係で嫌な出来事があると、ひとりになった瞬間にふとその出来事を思い出し、再び落ち込んでしまうこともあるでしょう。しかし、そのように頻繁にネガティブ思考に陥る習慣は、おのずと恋愛にも悪影響を及ぼします。

特に「仕事でミスをしてしまった」「友人を傷つけてしまった」と嫌な出来事を思い出した後、次から次へと過去の嫌な思い出を振り返ってしまう場合は要注意!そこから「だから私は恋愛がうまくいかないのだ」など、恋愛に関しても後ろ向きの考えが生まれてしまう可能性があります。

嫌な出来事を思い出してしまったときは、自分なりに気持ちを切り替えるストレス発散方法などを用意しておきましょう。

悩み
画像出典: fotolia

寂しさから誰かに連絡をとってしまう

夜のひとり時間はゆっくり過ごせる反面、突然理由もなく寂しさに襲われる時間帯でもあります。その寂しさに我慢できず、つい誰かにLINEや電話をしてしまうなんてときもあるのでは?

しかし、夜に襲う寂しさから突発的に連絡をしてしまうという習慣も、実は恋愛運を下げる原因となるのです。特に夜は感情が高ぶっている時間帯であるため、相手に対して感情的になってしまう可能性が高くあります。そのような状態で元カレや気になる男性に連絡をとると、朝になってから激しい後悔に襲われるはず。

もし、寂しさを感じる夜がおとずれたら、あえてスマホからは距離を置き、他のことに集中して寂しさを紛らわすようにしましょう。

スマホ
画像出典: fotolia

ひとり時間の過ごし方を見直してみよう

誰にも邪魔されず、自由に過ごせるひとり時間。ただ、そのひとり時間の過ごし方次第では、自分の恋愛運を一気に下げ、悪影響を及ぼす可能性が高いのです。

ひとりの時間を満喫するときは、恋愛運を下げる習慣を避け、自分がより魅力的になるための過ごし方を試してみてはどうでしょうか。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい