【美くびれ】を作りたいなら、凹ますではなく、締め付ける意識を持つこと 【美くびれ】を作りたいなら、凹ますではなく、締め付ける意識を持つこと
画像出典: fotolia

「凹ます」ではなく「締め付ける」!呼吸で美くびれをメイク♡

2018年09月12日
皆さんは、こんにちは!姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。くびれを作るために腹筋をされる方も多いかと思いますが、その時に「締め付ける」という意識はありますか?これができないと、上手くくびれを作ることができません。

なぜ、くびれが無くなるの?

くびれを作る時にきっと多く方が腹筋をされますが、皆さんはなぜくびれがなくなってしまうかをご存知でしょうか?これには、いくつかの要因があります。

・脂肪がつく
・お腹を締め付ける力が弱くなる


この2つが大きな要因だと考えます。「脂肪がつく」ということに関しては、これは有酸素運動や食事改善を行うことで減らすことはできますが、「お腹を締め付ける力が弱くなる」を改善していくには、エクササイズが必要になってきます。

お腹
画像出典: fotolia

ただ身体を起こす様な腹筋運動をすれば、必ずしも改善できるわけではありません。これにはコツが必要なのです。

身体を起こす腹筋運動は、あくまでも腹筋の前面についている筋肉を縦方向に収縮させる力をつけるものであり、くびれを作るために必要な締め付ける力をつけていくには不向きです。

締め付ける様な力をつけていくには、腹横筋というお腹を360°囲っている様に付いている筋肉を使っていかなければなりません。

では、実際にくびれを作るためには、どの様な事をして、腹横筋を使える様にしていくべきなのでしょうか?

お腹
画像出典: fotolia

お腹が締め付けるためのエクササイズ

これには、深呼吸をしていき、意識づけをしていくことがおすすめです。

1:仰向けに寝る。その時に腰と床 or マット等の隙間を確認しておく。
2:鼻から息を吸って、鼻 or  口から息を吐く。この時にお腹を萎ませる様に息を吐き切るまで行う。
3:吐き切る時にお腹と腰の厚みが薄くなっていくことと、お腹が締め付けられる様な感覚を感じながら行う。
4:10回を目安に行う。

以上となります。3でお伝えしたお腹が締め付けられる様な感覚というのが、腹横筋を使っている感覚になります。

深呼吸を行う際には、寝た状態で行うことをおすすめします。椅子に座っても行えますが、座っている状態だと、背中が丸まっている状態で行いやすかったり、お腹を締め付けるという意識づけが難しかったりします。

寝た状態で行う方が、特別姿勢を気にする必要もなく、お腹を締め付けることに意識を向けることも可能ですので、初めて行う方は、まずは寝た状態から行ってみてください。

エクササイズ
画像出典: イラストAC 

まとめ

いかがでしたか?お腹を締め付け、くびれを作るには、深呼吸で腹横筋を使っていくことが大事になります。普段からデスクワークなどの、長時間イスに座っている機会が多いと、腹横筋が緩んでしまい、お腹が締め付けにくくなってしまいます。

ぜひ仕事から帰ってきて、寝る前でも構いませんので、この深呼吸を試してみてください。このエクササイズにプラス全身の筋トレや、食事改善を行うと、よりくびれを作りやすくなりますので、余裕が出てきたら行なってみてください。

執筆者:
北村 智哉

LINE@で美LAB.を

友だち追加数