特別な努力をしていないのにスリムな人の共通点・5つ 特別な努力をしていないのにスリムな人の共通点・5つ
画像出典: fotolia

特別な努力をしていないのにスリムな人の共通点・5つ

2018年08月17日
こんにちは、コラムニストの愛子です。元々私は、決して太りにくい体質なんかではありませんが、これからご紹介することが身に付いてから、太りにくくなりました。そして気付いたのです。今まで羨ましいな~と思って見ていた「特別な努力をしていないのにスリムな人」の多くが、同じような習慣を持っていることに・・・。

1:水分補給は水かお茶

たまのカフェタイムならいいですが、日常的にジュースや甘いコーヒーなどを飲んでいると、それだけで糖質の摂り過ぎになります。そんなに食べていないのに太ると嘆いている人の多くが、何気なく清涼飲料水を口にしています。普段の水分補給は、水かお茶に徹底しましょう。

水を持っている女性のイメージ
画像出典: fotolia

2:お腹が空いていないときは食べない

食べ物にいやしくないことを、「口が綺麗」と言うことがありますが、たくさん食べるのに痩せている人の多くは、まさに口綺麗。お腹が空いていれば量は気にせず満足いくまで食べるけど、空腹でないときに人から食べ物をすすめられても食べません。食べたいときに食べてスリムでいるためには、食べたくないときに食べないことが大切なのです。

3:大好物は我慢しない

大好物を我慢するとストレスになり、食への欲求が高まります。特別なことはしていないのにスリムな人は、そのことを知ってか知らずか、好きなものを我慢しません。一時的には我慢したほうが体にいいのかもしれませんが、長い目で見ると、ストレスが溜まらない分食欲が安定し食べ過ぎることが減るので、美味しく頂いたほうがスリムでいられるのだと思います。ただし、食べ過ぎには気を付けましょうね。

大好物を食べている女性のイメージ
画像出典: fotolia

4:疲れを溜めない

心の疲れも体の疲れも早めに癒すことで、代謝が高い状態を保てます。心身が疲れていると、代謝が低下したり活動量が減ったりして、痩せにくく溜め込みやすい状態になってしまいます。無理をしすぎず、自分に優しく、疲れたらちゃん休んでくださいね。

5:心地良く体を動かしている

運動が好きなら運動するといいですが、嫌いなら、分かりやすく「運動」と呼べるようなことをしなくても大丈夫。無理をするとストレスになり、ドカ食いの原因になります。

でもじっと座っている時間や寝転んでいる時間が長いと、やっぱり脂肪が蓄積しやすくなります。特別な運動をしていないのにスリムな人の生活を見ていて、座っている時間が短いことに気付きました。例えばデスクワークでも、なんだかいつも忙しそうにちょこまかと動いているとか。

家事をしている女性のイメージ
画像出典: fotolia

家事や散歩など、何でもいいので、心地良いと感じられる方法で体を動かす習慣をつけましょう。

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい