肩こり・腰痛・ポッコリお腹を解消して姿勢を改善する静的ストレッチ 肩こり・腰痛・ポッコリお腹を解消して姿勢を改善する静的ストレッチ
画像出典: fotolia

肩こり・腰痛・ポッコリお腹を解消!姿勢を改善する静的ストレッチ

2018年07月08日
Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。筋肉の緊張をほぐしてリラックス効果を高めるスタティックストレッチ(静的柔軟体操)をご紹介します。今回の目的は、首・肩・背中・腰周りに溜まった疲れ・凝り・不調を解消して姿勢を改善することです。血流改善・肩こり解消・腰痛改善・ポッコリお腹にも嬉しい変化が!?

ストレッチで代謝を上げる

首・肩・背中・腰周りに溜まった疲れ・凝り・不調を解消して姿勢を改善すると、血液の流れも良くなり肩こりや腰痛も改善します。すると身体を動かすことが楽になるので、自然に日常の活動量が増えて、ポッコリお腹の解消にもつながります。

体幹部のしなやかストレッチ

そこで、寝たままできる腰のストレッチで、背中側の疲労を解消して姿勢も改善しましょう。ポイントはリラックスしながら斜めラインを大きくひねり伸ばすようにします。

広背筋(こうはいきん)・大胸筋(だいきょうきん)・大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)←(太もも横側)に意識を向けてリフレッシュしましょう。

1:仰向けに寝転がり片脚の膝を立てます

2:反対側の手で立てた膝を内側へ倒します

3:反対側の床に膝を近づけるようにストレッチします

体幹部のしなやかストレッチ
画像出典: 美LAB.

目安:ゆっくり呼吸しながら30秒ほど伸ばしましょう(反対側も同様に行います)

OKポイント:立てた膝と同じ側の肩が床から離れないように注意しましょう

小さな習慣で大きな差がつく“美腹”

代謝が落ちてくる年代に上手に対応して、美人体質を楽しみましょう。お腹痩せのためには、日ごろから姿勢を正す習慣はマストです!美腹のためには高い美意識が必要なのです。

運動不足そうな人に限って、電車への乗車時に我先にと座席に突進していき“ドガッ”と座っている傾向に見えます。当然のことですが座っているよりも、姿勢を意識して立っている方がエネルギー消費は大きくなります。小さな習慣で大きな差がつくのが人生です!

体型は行動習慣の結果でしかありませんので、思うようにいかない時は行動習慣を見直してみましょう!
マハロ~。

執筆者:
OK和男

LINE@で美LAB.を

友だち追加数